外務省 English リンクページ よくある質問集 検索 サイトマップ
外務省案内 渡航関連情報 各国・地域情勢 外交政策 ODA
会談・訪問 報道・広報 キッズ外務省 資料・公開情報 各種手続き
トップページ 各国・地域情勢 中南米
中南米
世界地図
アジア 北米 中南米 欧州(NIS諸国を含む) 大洋州 中東 アフリカ
在ペルー日本大使公邸占拠事件人質解放に関する報告


平成9年4月25日
参議院本会議


 一昨日早朝、ペルー軍特殊部隊による在ペルー日本大使公邸人質救出作戦が実行され、日本人人質24名を含む71名の人質が救出されました。
 フジモリ大統領をはじめとするペルー政府関係者には、テロに屈することなく、全ての人質を安全に救出する為に周到に準備され、大部分の人質を無事救出いただきました。事件が解決し、橋本総理よりフジモリ大統領に電話で感謝の気持ちを伝えましたが、その際に、フジモリ大統領より、事前に日本政府への連絡をとらなかったにも拘わらず、ペルー政府を信じて頂き感謝するというメッセージを日本国民に伝えて頂きたいというお話がありました。
 また、この間に多くの関係国から協力と助言を頂きました。国際社会の暖かい連帯に改めて感謝いたします。政府としましても、テロ撲滅の為に、国際社会とともに、ますます大きな努力を払ってまいります。
 ただ、救出作戦におきまして、人質と、作戦を実行した特殊部隊の中から3名の方々の尊い生命が犠牲になりました。衷心よりご哀悼の意を表します。  池田外務大臣には、ペルーに行き、フジモリ大統領をはじめとするペルー政府に謝意を表明するとともに、犠牲者の遺族の方々に弔意を表明し、また事後の種種の問題に対応しているところです。
 最後になりますが、本事件の解決に向けて各党より党派を超えて暖かい御支援、御協力を頂いたことに対し、心から感謝の意を表します。



目次