中東

世界地図 アジア | 北米 | 中南米 | 欧州(NIS諸国を含む) | 大洋州 | 中東 | アフリカ

イラク経済ミッション派遣
概要と評価

平成23年2月7日
外務省
経済産業省

1.概要

(1)2月7日(月曜日),日本企業がイラク政府首脳と直接意見交換を行う機会を通じ,今後の日本企業によるイラクでのビジネス展開への契機とすることを目的として,坂場イラク復興支援等調整担当大使を団長として,日本の民間企業および関連機関の十数社が参加するイラク経済ミッションが,バグダッドを訪問した。

(2)イラク滞在中,ミッション一行は,マーリキー首相への表敬を行った他,シャハリスターニー副首相をはじめ,首相府,石油省,電力省他関係省庁ハイレベルとの意見交換を行った。

(3)今次訪問に際し,坂場大使は,今後の日イラク経済関係強化に関する菅総理の親書を携行し,マーリキー首相に手交した。マーリキー首相は,外務省の渡航情報が改訂されたと承知している旨述べた。また,マーリキー首相は,ナシリアの油田開発において日本企業が最も重要な役割を果たすことを期待する旨述べた。更に,企業関係者との懇談において,マーリキー首相より,両国の企業関係者・政府関係者等からなる経済合同委員会を結成し,継続的な対話を行うことが提案され,日本側はこれを前向きに検討することした。

(4)シャハリスターニー副首相,ガドバーン首相府顧問議会議長,アーラジー国家投資委員会委員長,シャンマ石油省次官,およびマハディ電力省顧問との経済対話では,エネルギー分野,インフラ整備及び投資促進などに関して,日本企業とイラク側経済関係要人との間で率直且つ活発な意見交換が行われた。坂場大使は,エネルギーやインフラ分野を中心に,日本企業のイラク進出を後押しするため,安全対策を含めビジネス環境に関する情報提供の強化,投資協定交渉の開始,政府間協議の緊密化,及びODA(円借款等)の活用等を進める旨説明した。シャハリスターニー副首相からは,電力・石油分野をはじめとするイラクにおける様々な投資機会が紹介され,日本企業の更なる進出を要望する旨発言された。

2.評価

(1)今次イラク経済ミッションのイラク派遣は,イラク新政権の下で日イラク経済関係強化に取り組む我が国の意図を伝え,日イラク間のビジネスの拡大を加速するべく,今後の日本企業によるイラクでの事業展開への契機として時宜を得たものであった。今次ミッションを通じて日イラク間経済関係強化の取組を継続していくことの必要性について日イラク双方で確認するとともに,日イラク間の長期的パートナーシップの強化における民間企業の役割の重要性についても改めて確認した。

(2)また,今次ミッション訪問では,イラク側から,日本企業イラク再進出への期待が繰り返し表明された。マーリキー首相,シャハリスターニー副首相等イラク政府首脳に加え,石油省,電力省他,日イラク経済関係強化に係るすべての関係省庁からハイレベルの参加があったことは,日本企業のイラク再進出支援に対するイラク側の強い関心を示すものであったと言える。

(3)日本を代表する企業がバグダッドを訪問し,イラクの現状を直接肌で感じつつイラク政府首脳と直接且つ率直な意見交換を行ったことは,今後の日本企業のイラク再進出への道を拓く契機として大きな意義を有する。また,今次訪問は,新政権発足後最初の官民経済ミッションであり,日本の強い意欲をイラク側に印象づけたものと思われる。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る