外務省 English リンクページ よくある質問集 検索 サイトマップ
外務省案内 渡航関連情報 各国・地域情勢 外交政策 ODA
会談・訪問 報道・広報 キッズ外務省 資料・公開情報 各種手続き
トップページ 各国・地域情勢 中東
中東
世界地図
アジア 北米 中南米 欧州(NIS諸国を含む) 大洋州 中東 アフリカ


ハッサーニ・ムサンナー県知事の総理表敬


平成16年10月15日

 5日、14時30分から約35分間、ハッサーニ・ムサンナー県知事が小泉総理を表敬したところ、概要以下のとおり。

1.自衛隊による人道復興支援

(1) 総理より、自衛隊による人道復興支援に対するハッサーニ知事の評価を尋ねたのに対し、ハッサーニ知事より、今回の自分(ハッサーニ知事)の訪日は、日本国民に感謝の念を伝えるためのものであり、自衛隊をサマーワに派遣した総理の決定を高く評価する、ムサンナー県の情勢は安定しており、自衛隊の人道復興支援はサマーワの安定に一層寄与するものである旨応答。

(2) 総理より、6月のG8サミットにおいて、ブッシュ米大統領に紹介される形でヤーウェル大統領と会い、9月の国連総会ではアッラーウィー首相と会談を行ったが、双方から自衛隊による支援を高く評価し、今後とも活動を継続してほしいとの要望があった旨述べた。また、総理より、我が国は憲法上武力行使はできないが、イラクの安定と民主化のためになしうる事業があると考え、イラク特措法を制定し、自衛隊の派遣を行った旨述べた。

(3) これに対し、ハッサーニ知事より、自衛隊が武力行使を行えないことは承知している、自衛隊は治安維持そのものには関与しているわけではないが、各種のプロジェクトを通じ、治安状況の維持・安定に貢献している旨発言があった。

2.復興支援全般

(1) 総理より、ハッサーニ知事をはじめ、イラク政府関係者は非道なテロ行為に負けることなく、自らの力でイラクを復興する意欲を見せてほしい旨述べた。

(2) これに対し、ハッサーニ知事より、繰り返し復興支援に関する日本のイニシアティブに感謝するとともに、サマーワに日本が手を差し伸べていることは日・イラク友好の歴史的一歩である、今後もサマーワの人々が人間的な状況でいられるように期待する旨述べた。

(3) 総理より、6月のG8サミットでも自分(総理)から発言したが、民主的で安定したイラクの復興は、国連、米、G8何れも実現できず、イラク人自身によってのみ達成されるものである、また、イラク復興はイラク人のみならず、国際社会全体にとっても必要であり、我が国も引き続き貢献していく、テロリストの妨害に屈しないで頑張ってほしい旨述べた。また、総理より、旧政権下における支援ではあるが13病院、また最近の日・エジプトの医療分野における三角協力等を紹介した。

(4) これに対し、ハッサーニ知事より、13病院は日・イラク友好関係の象徴としてイラク人の記憶にある。同様に、電気、橋、道路等のインフラ支援があれば、更に日・イラク間の友好関係は更に発展すると考える旨発言があった。



目次
外務省案内 渡航関連情報 各国・地域情勢 外交政策 ODA
会談・訪問 報道・広報 キッズ外務省 資料・公開情報 各種手続き
外務省