外務省 English リンクページ よくある質問集 検索 サイトマップ
外務省案内 渡航関連情報 各国・地域情勢 外交政策 ODA
会談・訪問 報道・広報 キッズ外務省 資料・公開情報 各種手続き
トップページ 各国・地域情勢 欧州(NIS諸国を含む)
欧州(NIS諸国を含む)
世界地図
アジア 北米 中南米 欧州(NIS諸国を含む) 大洋州 中東 アフリカ


平成14年度第2回中・東欧諸国実務者招聘
京都メカニズム JI(共同実施)関連政府関係者意見交換会
(概要)


平成15年2月26日


1.概要

 外務省は、平成15年2月5日(水)、京都メカニズムに於ける温室効果ガス削減のための共同実施(以下「JI」)に携わる政府関係者の意見交換会を開催、中・東欧の4ヶ国(スロバキア、チェコ、ハンガリー、ポーランド)及び日本側双方でJIを担当する政府関係者が、自国のJI整備状況及び推進体制等についてプレゼンテーションを行った(参加者及びプログラムはこちら)。中・東欧諸国は、今後日本がJIを始めとする京都メカニズムを活用していくにあたって日本企業が進出できる可能性を有している地域ということもあり、当日は中・東欧ビジネスに関心を有する日本側民間企業より100名に及ぶ傍聴者が参加し、当日の総括質疑においては参加者全てを交えての質疑応答も行われた。


2.第1セッション(日本政府関係者によるプレゼンテーション)

(1) 冒頭挨拶

 冒頭、外務省森元国際社会協力部審議官より挨拶が行われた。その際、京都議定書はロシアが批准すれば発効する見通しとなっていること、日本は温室効果ガス削減にむけ米国や開発途上国を含む全ての国が参加する共通のルール構築に向け最大限努力していくこと、日本政府は京都メカニズムの活用を重要視しており、既にカザフスタンとのJIプロジェクト、ブラジルとのクリーン開発メカニズム(以下「CDM」)プロジェクトを承認していることを紹介の上、中・東欧諸国はJIのパートナーとなりうる大きな潜在能力を有しており、本意見交換会では充実した意見交換が行われることを希望する旨の発言がなされた(詳細はこちら)

当日会場風景
当日会場風景

(2) プレゼンテーション

 日本側からは、まず関経済産業省大臣官房参事官より、日本における京都メカニズムの現状についてのプレゼンテーションがなされ、続いて牧谷環境省地球環境局国際対策室長より、JIに関連した環境省の取組について紹介された。さらに平沼農林水産省監査官、長谷川国土交通省企画官より、各省の所管分野におけるJI関連活動に関する補足説明がなされた。

(イ) 関経済産業省大臣官房参事官(資料はこちら(PDF))

(a) 温室効果ガス排出の現状及び温暖化に対する日本の政策
 基準年(1990年)に比べて2000年の日本における温室効果ガス排出量は8%増加しており、京都議定書で定められている6%削減という義務の達成は容易ではない。日本はエネルギー効率が非常に高いため、更なる改善をはかることは困難であり、それ故日本はJI及びCDMといった京都メカニズムに強い関心を有している。

(b) JI実施の流れ
 日本の民間企業が他国にてJIプロジェクトを実施する場合、まず現地においてフィージビリティスタディ(以下「FS」)等を通じてプロジェクトの発掘・開発を行う。調査の結果、右プロジェクトに実現可能性があると認められれば、企業はホスト国政府及び日本国政府に右プロジェクトのJI事業としての承認を申請する。JI及びCDMプロジェクトの承認手続き及びその他必要な事項の決定を行うため、2002年10月に関係省庁により構成される「京都メカニズム活用連絡会」が設立されており、企業からのJI事業承認申請は、同連絡会にて審査の上、政府承認される。

(c) 京都メカニズムに関する経済産業省の取組
 経済産業省にはヘルプデスクが設置されており、京都メカニズムのプロセスを促進するため最新の情報やアドバイスの提供を行っている。NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)はプロジェクトのFSを支援するスキームを有している機関であるので、興味を持っている方は是非NEDOとコンタクトをとって欲しい。

(ロ) 牧谷環境省地球環境局地球温暖化対策課国際対策室長(資料はこちら(PDF))
JIのプロジェクト推進にあたっての環境省の取組について紹介したい。
  1. FS・・・2003年度には予算が現在の約5倍(5億円)に拡大される見込み。
  2. CDM/JIに関する実施マニュアル・・・2001年10月に初版が作成され、今夏までには最新のマニュアルを発行予定。
  3. 運営組織(以下「OE」)のキャパシティビルディング・・・CDM事業の審査等を行う日本のOE(候補)の経験を蓄積し、レベルの向上を図る事業を実施中。
  4. 情報の普及・・・環境省ホームページより閲覧可能。

 CDM/JIプロジェクトに関して、環境省は2002年度に、ブルガリアでのバイオマスの利用に関するものを含め全世界で8つのFSを行った。予算の増額をうけて、2003年度にはFSの数は20件程度(1件約2500万円)を見込んでいる。FSで主な対象としている分野は、バイオマス、廃棄物利用、植林である。さらに、JIプロジェクトを推進するため、2003年度から新たに高度の先駆性やモデル性を有するCDM/JIプロジェクト実施のための設備導入に要する資金に補助金を交付する予定である(補助金の割合はプロジェクトの追加的設備費用の3分の1)。平成15年度から開始する予定であるので、補助金の申請に関するガイドラインを早期に作成することを考えている。

 また、JIのFS実施のため情報収集をするにあたってREC(中・東欧地域環境センター)を紹介したい。RECは中・東欧地域の環境問題を扱っている準国際機関(本部はブダペスト)であり、政府や産業界と密な関係を有しているため、調査にあたってはRECとコンタクトをとるのがよい(日本人スタッフがいるため言語については心配ない。連絡先アドレス:MYamazaki@rec.org)。

(ハ) 平沼農林水産省大臣官房企画評価課環境対策室監査官

 農林水産分野においては、特にバイオマスについて、政府一体となって取り組む観点等から、2002年12月「バイオマス・ニッポン総合戦略」が閣議決定された。その中で、JIを初めとする京都メカニズムは、バイオマスをメタンや他のエネルギーに転換する日本の高度な技術の海外普及を通じた国際貢献を進める上での有力な手段である旨述べられている。これは、日本が大量の飼料・食料・木材等を大幅に輸入超過(すなわち海外の天然資源に大きく依存)していることから、海外の持続的な農林水産業を重視し、この推進に貢献しようというもので、関係省庁と協力の下、バイオマス利用に関する国際シンポジウム等により今後の取組を推進していきたいと考えている。農林水産分野についても中欧諸国と協力できると考えている。

(ニ) 長谷川国土交通省総合政策局環境・海洋課都市交通環境・エネルギー対策企画官

 世界の人為的起源の温室効果ガスの20%は運輸部門から排出されており、今後も上昇することが予測されているため何らかの手段を講じなければならない。しかし、運輸部門では、ベースラインやモニタリング等の方法論が他の部門に比べて複雑である為、現在は、如何なるプロジェクトがJIやCDMとして実施可能か、そして、運輸部門におけるプロジェクトを促進するため如何なる支援を行うべきかについて調査をしているところである。日本は低公害車及び効率的な物流システム等の進んだ技術を有しているので互いに協力し、気候変動の緩和に貢献していきたい。


3.第2セッション(東欧におけるJI体制整備状況についての中欧諸国実務者よりのプレゼンテーション)

(イ) スロバキア共和国環境省 イヴァン・モイーク大気保護部長
 プレゼンテーション概要 プレゼン資料(PDF)

(ロ) チェコ共和国環境省 ミハル・パストヴィンスキー国際関係部長
 プレゼンテーション概要 プレゼン資料(PDF)

(ハ) ハンガリー共和国環境省 エステル・セヴェーニ国際部上級参事官
 プレゼンテーション概要 プレゼン資料(PDF)

(ニ) ポーランド共和国環境省 ピオトル・ラゾフスキ投資技術促進部査察官
 プレゼンテーション概要 プレゼン資料(PDF)

中・東欧諸国実務者
中・東欧諸国実務者


4.総括質疑・意見交換

 総括質疑においては、関経済産業省参事官より中欧諸国の実務者の方へ向け、次のようなコメントがなされた。即ち、プレゼンテーションで述べられた各国の国内制度をみると、既に進行している世銀のPCFやオランダのERUPT(注)を念頭において整備されたように見受けられるが、日本の制度はこれらとは大きく異なるものである。両プロジェクトにおいては、世銀やオランダ政府がプロジェクトそのものに直接関与していくのに対し、日本ではプロジェクトの企画・推進に携わるのは主として民間企業であり、政府はそれを円滑に進めるために側面的支援を行うに留まり、政府が個々のプロジェクトのクレジット価格や配分等について介入することは考えていない。従って、政府間のMOU(覚書)について言及があったが、その必要性等について政府間で議論する必要があると認識している。ポイントは、プロジェクト形成の円滑化であり、不必要な手続きは避けたいということ。なお、ホスト国側からの照会には、現地の大使館や東京の省庁が喜んでお答えしたい。

総括質疑の様子
総括質疑の様子

ERUPT(ERU Procurement Tender)・・・オランダ政府により実施されている制度であり、中・東欧諸国等市場経済移行国におけるGHG削減プロジェクトにより達成された削減量をオランダ政府がプロジェクト実施者から購入するというもの。



Adobe Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAcrobat Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータのOS用のソフトウェアを入手してください。


BACK / 目次
外務省案内 渡航関連情報 各国・地域情勢 外交政策 ODA
会談・訪問 報道・広報 キッズ外務省 資料・公開情報 各種手続き
外務省