アジア

世界地図 アジア | 北米 | 中南米 | 欧州(NIS諸国を含む) | 大洋州 | 中東 | アフリカ

麻生総理大臣とティンレイ・ブータン王国首相との会談

平成21年9月2日

 本2日(水曜日)10時30分から約30分間、麻生総理大臣は、訪日中のティンレイ・ブータン王国首相と会談を行ったところ、やりとりの概要は以下のとおり。

  1. 冒頭、麻生総理より、来日を歓迎する、我が国とブータンとの間では1986年の国交樹立以来、皇室・王室を含む要人の交流や経済協力を通じた友好関係が進展してきていると述べた。また、麻生総理より、昨年3月の下院議員選挙、憲法制定等政治的に重要なプロセスが成功裏に終了し、本年は地方選挙が予定されている等、引き続き民主主義の定着に向け真摯に取り組んでいることを、大変評価している旨述べた。
  2. これを受けティンレイ首相より、日本は開発のパートナーとして、農業、インフラ、教育分野等への支援を行って頂いた他、最近では、議会制民主主義への移行に対する支援を頂き感謝する旨述べた。続けて、ブータンの民主化については、前国王陛下のイニシアティブにより進められてきた、ブータン国民は立憲君主制を誇りに思っている旨の発言があった。また、国王陛下は、倫理的支柱(モラルアンカー)であると共に国家・国民統合の象徴として国民から大変尊敬されている旨の紹介があった。
  3. また、ティンレイ首相より、ブータンにおいては、「国民総幸福量(GNH)」を開発政策の一つの指標として用いているとの説明があり、麻生総理より、「GNH」は、大変興味のある考え方であり、参考となるところが多いと思っていると述べた。
  4. 最後に、ティンレイ首相より、2011年は国交樹立25周年記念の年であり、国王陛下の国賓による訪日を自分としては希望している、その際には文化行事、展示会等の開催を含めアレンジしたい旨述べた。
  5. これに対し、麻生総理より、良い御提案なので、今後検討していきたい旨述べた。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る