アジア

世界地図 アジア | 北米 | 中南米 | 欧州(NIS諸国を含む) | 大洋州 | 中東 | アフリカ

マームド・バングラデシュ首相特使(外務担当国務大臣)の麻生総理表敬

平成21年6月9日

 麻生総理は、9日(火曜日)16時40分から約20分間、総理官邸において、ハッサン・マームド・バングラデシュ首相特使(外務担当国務大臣)の表敬を受けた。

  1. 冒頭、マームド首相特使より、ハシナ首相から麻生総理への親書を手交しつつ、麻生総理が、日・バングラデシュ二国間関係強化において、総理大臣の立場のみならず、日・バングラデシュ議員連盟会長としても、尽力いただいていることに感謝する旨述べた。また、日本がバングラデシュへの最大の援助国であること、特に、本年2月にE/N署名を行った397億円(約4.4億ドル)の支援に感謝を述べた。さらに、洪水に見舞われやすく、地球温暖化に脆弱なバングラデシュにとり、今後とも、日本からの経済協力は極めて重要である旨述べた。また、二国間の友好関係に鑑み、両国間の貿易投資額については、大いに更なる拡大の余地があるので、今度、取り組んでいきたい旨述べた。
  2. これに対し、麻生総理より、マームド首相特使の来日を歓迎すると共に、5月末にバングラデシュを襲ったサイクロン被害の犠牲者に対し見舞いの言葉を述べた。また、日本としては、昨年12月に民主的な選挙を経て成立した現バングラデシュ政府を支援し、良好な二国間関係を更に強化したいと述べた。さらに、国家の経済発展においては、政治的安定性が何よりも重要である、総選挙を経て安定政権を発足させたバングラデシュにとっては、これからが重要な時期になるので、今後とも協力していきたい旨述べ、表敬を了した。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る