アジア

世界地図 アジア | 北米 | 中南米 | 欧州(NIS諸国を含む) | 大洋州 | 中東 | アフリカ

東南アジア諸国連合(ASEAN)貿易投資観光促進センター概要
(ASEAN Promotion Centre on Trade, Investment,and Tourism)
(略称:国際機関 日本アセアンセンター)

平成19年3月

1. 設立

 1977年8月に福田総理がASEAN首脳との共同声明で設立を約束し、1981年5月25日に日本及びASEAN構成国との間で設立された国際機関。

2. 加盟国

 日本及びASEAN10カ国(ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)。

3. 目的

(1)ASEAN諸国から日本への輸出、特に半加工品と製品の輸出促進
(2)日本からASEAN諸国への投資促進
(3)日本からASEAN諸国への観光客の増加

4. 機構

 センターの機構は、理事会(加盟各国1名ずつの理事から構成される最高意思決定機関)、執行委員会及び実施機関である事務局から成る。常設展示場を擁する事務局は東京(銀座)に所在し、事務総長(現在は赤尾信敏事務総長)の下に、総務部、貿易部、投資部、観光部から構成されている。

5. 実施事業

 センターでは下記の事業を主に実施。

関連ページ

このページのトップへ戻る
目次へ戻る