アフリカ

世界地図 アジア | 北米 | 中南米 | 欧州(NIS諸国を含む) | 大洋州 | 中東 | アフリカ

第2回アフリカ貿易・投資促進シンポジウム
(概要)

平成21年11月13日

(写真)

  1. 11月12日(木曜日)、外務省、JETRO主催、経済産業省協力にて、平成21年度日・アフリカ交流フォーラム「第2回アフリカ貿易・投資促進シンポジウム」が開催されました。同シンポジウムは、昨年5月に横浜で開催された第4回アフリカ開発会議(TICADⅣ)において我が国が発表した対アフリカ民間投資倍増支援のフォローアップの一環として、昨年12月に実施された第1回シンポジウムに引き続いて行われました。本年のシンポジウムには、アフリカ7カ国(ベナン、ガボン、コートジボワール、ジブチ、マラウイ、ルワンダ、ジンバブエ)の商工会議所会頭や投資促進公社代表などが招待され、民間企業を中心に約120名が参加しました。
  2. シンポジウムでは、アフリカ各国の招待者(アゾンウモン・ベナン貿易促進庁長官、シルエ・コートジボワール投資促進センター所長代行、ムーサ・ジブチ商工会議所会頭兼東部南部アフリカ共同市場ビジネス評議会会長、エトゥゲ=ミンコ・ガボン民間投資促進機構総裁顧問、カフェラパンジラ・マラウイ商工会議所連盟理事長、ムバイワ・ジンバブエ投資庁長官、ムババジ・ルワンダ開発公社投資促進局長)より、各国の貿易・投資環境に関する具体的なプレゼンテーションがあり、我が国の民間企業が各国に投資するに当たっての優遇措置などについての説明がありました。アフリカへのビジネスに関心を示す民間企業を中心に、活発な質疑応答が行われました。
  3. プレゼンテーション終了後、西村智奈美外務大臣政務官主催によるレセプションが開催されました。西村政府官は挨拶の中で、TICADIVでの約束の実行を含め、鳩山新政権はアフリカと積極的に協力していく旨述べました。レセプションは、和やかな雰囲気の中、アフリカからの招待者と日本の関係者の間の有意義な情報交換、人脈形成の場となり、シンポジウムは大盛況のうちに終了しました。

(参考)プログラム

時刻 内容
13時00分~13時05分 開会挨拶(秋元義孝外務省アフリカ審議官)
13時05分~13時15分 TICADIVフォローアップ現状報告(岡井朝子外務省アフリカ第二課長)
13時15分~13時45分 ムーサ・ジブチ商工会議所会頭兼東部南部アフリカ共同市場ビジネス評議会会長
13時45分~14時15分 カフェラパンジラ・マラウイ商工会議所連盟理事長
14時15分~14時45分 アゾンウモン・ベナン貿易促進庁長官
14時45分~15時15分 ムババジ・ルワンダ開発公社投資促進局長
15時15分~15時35分 質疑応答
16時00分~16時30分 シルエ・コートジボワール投資促進センター所長代行
16時30分~17時00分 ムバイワ・ジンバブエ投資庁長官
17時00分~17時30分 エトゥゲ=ミンコ・ガボン民間投資促進機構総裁顧問
17時30分~17時50分 質疑応答
18時00分~19時30分 西村智奈美外務大臣政務官主催レセプション
このページのトップへ戻る
目次へ戻る