中東

世界地図 アジア | 北米 | 中南米 | 欧州(NIS諸国を含む) | 大洋州 | 中東 | アフリカ

アフガニスタンの伝統的な水管理人「ミラーブ」の来日(概要)
(JICA「コミュニティ灌漑・水管理改善」研修)

平成23年8月2日

  • (写真)
    ミラーブ等による佐渡島外務省国際協力局長表敬
  • (写真)
    姫路市山田町ため池視察(JICA提供)
  1. 7月3日(日曜日)から11日(月曜日)までの間JICAが実施した「コミュニティ灌漑・水管理改善」研修の研修員として,アフガニスタンの伝統的な水管理人「ミラーブ」等16名が来日しました。
  2. ミラーブ一行は4日,佐渡島国際協力局長を表敬し,アフガニスタンの農民を代表して,これまでの日本の支援に感謝申し上げたい,アフガニスタンでは長年に亘る戦争の影響を受け,多くのため池やダムが破壊された,農村地域での水管理においては限られた水資源を有効活用することが重要であり,そのための技術を今回の研修で学び,地域の実情に合わせた形で活かしたいと考えている旨述べました。
  3. これに対し,佐渡島局長より,貴国の発展にとって基幹産業である農業分野では,水資源・灌漑分野の支援を重視している,貴国と我が国では農業を行っていく上での条件は異なるが,水管理の重要性は共通していると思うので,今回の研修により,今後水管理を行っていく上での参考となる点が出てくることを期待する旨述べました。
  4. 続いて,ミラーブ一行は,兵庫県姫路市の農業用ため池や琵琶湖疏水等を視察するとともに,我が国の水利組合の事例等を通じて,水利施設の長期的な運営維持管理のあり方を学びました。
  5. なお,ミラーブ一行は学習意欲が極めて高く,講義や視察先での質疑応答も活発に行われ,最終日の評価会では本研修の成果発表に加え,来年度の研修に向けた課題も議論されるとともに,アフガニスタンに帰国直後には,全員が参集し,本研修で学んだことを確認し合うなど,早速研修成果を現地での活動に活かそうとする動きがみられるとの報告がありました。

【参考:本研修を報道したメディア】

  1. 京都新聞社(7月4日及び9日付)
  2. NHK神戸ニュース(7月8日 18時58分)
  3. 読売新聞大阪本社神戸総局(7月12日付)
  4. 西日本新聞社(7月19日付)
このページのトップへ戻る
目次へ戻る