外交史料館

臨時開館(土曜日の開館)について

令和元年10月11日

 外交史料館は,ご要望に応え,より多くの方々に外交史料館を積極的に活用していただくため,本年5月より開始した土曜開館を,9月以降も継続・拡大して実施します。なお,本館閲覧室については平日と異なり予約が必要です。

 なお,別館は平日と同様のご利用が可能(予約不要)ですが,本館閲覧室は平日と異なり予約が必要です。予約方法は下記をご参照ください。

開館予定日

 利用方法の詳細は,「本館(閲覧室)の利用」「別館(展示室)の利用」をそれぞれご覧ください。開館カレンダー(PDF)別ウィンドウで開くをあわせてご確認ください。

1 本館(閲覧室)開館予定日

 9月28日,10月26日,11月23日,12月21日

2 別館(展示室)開館予定日

 9月14日,9月28日,10月26日,11月9日,11月23日,12月14日,12月21日

本館(閲覧室)の利用

 開館時間 11時00分~17時30分(史料準備等の都合により,平日と開館時間が異なります)

1 土曜開館日の史料閲覧申込み方法

 土曜開館日の閲覧室利用は事前予約制とさせていただきます。土曜開館日閲覧室利用申込書に必要事項をご記入の上,史料管理・閲覧室受付窓口(gaishi-reserve[at]mofa.go.jp(注)[at]をアットマークに変更してください)宛にメールで,開館日10日前まで(9月は19日の木曜日の13時00分まで)にお申し込みください。
 お申込みの史料の分類番号・件名情報等に誤りがある場合,当日の閲覧が難しくなる可能性があります。ご利用を希望する史料の分類番号・史料件名については,所蔵史料検索システム別ウィンドウで開くなどでお調べの上、お申込みください。

2 史料の利用

  • (1)閲覧室での史料閲覧方法は原則として平日と同様です(史料の利用方法)。ただし,史料の出納等については平日と異なる点がございます。
  • (2)史料原本は予約時に申請いただいた最大10冊まで閲覧が可能です(当日の追加申請はできません)。上限冊数は継続閲覧中(取り置き中)の史料を含めた冊数となりますのでご注意ください。
  • (3)マイクロフィルム・CD-R等の複製物は当日の申請による閲覧が可能です。
  • (4)セルフサービスによる複写は平日と同様のご利用が可能です。業者による複写は,当日は申込書の受け取りのみとし,後日詳細を連絡の上調整させていただきます。

3 翌週月曜日の閲覧室閉室について

 土曜開館翌週の月曜日については,閲覧室を閉室します。開館カレンダー(PDF)別ウィンドウで開くをご確認いただき,予めご理解をいただきますよう,お願いします。

別館(展示室)の利用(本館展示スペース含む)

開館時間 10時00分~17時30分
 平日と同様にご利用いただけます(予約不要です)。なお,団体でのご見学については,別途ご相談ください。

電話でのお問い合わせ

1 所蔵史料の利用に関するお問い合わせ

対応時間 10時00分~17時30分
ダイヤルイン:03-3583-0495(内線9442)
 出版物・放送等での史料の利用・撮影等の相談・申込については平日にご連絡ください。

2 一般事項(開館時間,アクセス等)についてのお問い合わせ

対応時間 10時00分~17時30分
代表番号:03-3585-4511
 取材や団体見学等のお申込については平日にご連絡ください。



Get Adobe Reader(別ウィンドウで開く) Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAdobe Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

このページのトップへ戻る
外交史料館へ戻る