外務本省

遠山清彦大臣政務官のロシア訪問

平成18年3月16日

 遠山清彦大臣政務官は、3月15日~17日、G8エネルギー大臣会合出席他のため、ロシア(モスクワ)を訪問したところ、訪問の概要以下のとおり。

1.G8エネルギー大臣会合

(1)3月15-16日、モスクワにおいて、フリステンコ・ロシア連邦産業エネルギー大臣の議長の下、G8エネルギー大臣会合が開催され、日本より西野経済産業副大臣、遠山外務大臣政務官が出席した。我が国より、現在のエネルギー情勢を踏まえ、気候変動問題への対応とエネルギー政策の両立、エネルギー市場安定のための投資・生産国等におけるその環境整備、エネルギー源の多様化、クリーン・コール・テクノロジー、省エネルギーの重要性を訴え、各国が認識を共有した(G8エネルギー大臣会合の概要と評価参照)。

(2)遠山政務官は、会合の第3セッションにおいて、エネルギーシステムの安全性向上に必要な策として、(a)国際エネルギー機関(IEA)等の多数国間の枠組の活用、(b)環境に優しい新エネルギー、再生可能エネルギーの技術開発促進、(c)途上国の特性に応じたエネルギー協力を提示した。また、ロシアによるエネルギー憲章条約の批准の重要性も指摘した(政務官のスピーチ概要)。

(写真)会議の模様(西野経済産業副大臣と)

会議の模様(西野経済産業副大臣と)

(写真)各国閣僚と記者会見に臨む遠山政務官

各国閣僚と記者会見に臨む遠山政務官

(3)会合の結果、議長声明が発表された。我が国としては、特に以下の諸点についてG8の共通の認識が表明されたことを評価。

(イ)エネルギーの生産国、消費国の対話強化が重要。

(ロ)埋蔵量・需要、供給、在庫、生産能力等のエネルギー関連データの透明性確保に向けたイニシアティブを支持。

(ハ)エネルギーの安定的な供給のため、エネルギー資源の生産、輸送、加工の投資、およびその環境整備の必要性につき認識を共有。

(ニ)昨年のG8サミットで首脳が採択した、技術革新の促進、エネルギー効率の改善等への措置を含むグレンイーグルズ行動計画の実施を支持。

(ホ)エネルギー源の多様化、再生可能エネルギー等クリーンなエネルギーの開発、革新的な技術の開発及び導入が、エネルギー安全保障上のリスクを軽減することを認識。

(4)また、遠山政務官は、会合の合間や会食等において、各国から出席しているエネルギー担当閣僚らと意見交換を行った。

(写真)ボドマン米エネルギー庁長官と

ボドマン米エネルギー庁長官と

(写真)フリステンコ露産業エネルギー大臣(手前)と

フリステンコ露産業エネルギー大臣(手前)と

2.ロシアの議会関係者らとの意見交換

 遠山政務官は、3月17日、オガニャン連邦院経済政策・企業・資産委員長他、メーゼンツェフ連邦院副議長、カラガノフ外交防衛政策評議会議長、ゴッテモラー・モスクワカーネギーセンター所長とそれぞれ会談し、日露関係、エネルギー問題、世界情勢等について幅広く意見交換を行った。

(写真)オガニャン連邦院経済政策・企業・資産委員長他

オガニャン連邦院経済政策・企業・資産委員長他

(写真)メーゼンツェフ連邦院副議長(左)(右は野村在露大使)

メーゼンツェフ連邦院副議長(左)
(右は野村在露大使)

(写真)カラガノフ外交防衛政策評議会議長

カラガノフ外交防衛政策評議会議長

(写真)ゴッテモラー・モスクワ・カーネギーセンター所長

ゴッテモラー・モスクワ・カーネギーセンター所長

このページのトップへ戻る
目次へ戻る