外務本省

遠山外務大臣政務官の国際会議「Asia2015」出席について

平成18年3月3日

  1. 遠山清彦外務大臣政務官は、3月6日および7日にロンドンで開催される英国政府・世界銀行・アジア開発銀行共催の国際会議「Asia2015」に出席する。
  2. 本会議は、アフリカ開発に焦点が当たりがちな国際社会の関心を、世界最大の貧困人口(約7億人)を抱えるアジアにも向ける意義があることから、わが国は開発分野の日英協力の一環として開催準備に大きく貢献してきた。
  3. 本会議では、アジーズ・パキスタン首相をはじめとするアジア16ヶ国の閣僚等の参加を得て、ミレニアム開発目標(MDGs)達成のためにアジアの直面する課題について議論する。
  4. 遠山政務官は、第一セッションにおいてアジアで最大援助国であるわが国の貢献をアピールするとともに、アジアにおける持続可能な開発や人間の安全保障の推進の重要性を強調する予定である。

(参考)アジアにおけるMDGs達成状況
アジアでは、経済成長により貧困人口が最も大幅に減る一方、域内および国内格差の是正、環境の持続性確保などがMDGs達成の上での課題となっている。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る