外務本省

遠山外務大臣政務官の英国訪問

平成18年3月7日

 遠山清彦外務大臣政務官は、3月6日および7日英国政府・世界銀行・アジア開発銀行共催の国際会議「アジア2015」に出席するため、英国ロンドンを訪問したところ、その概要は以下の通り。

1. 国際会議「アジア2015」出席

(1)ミレニアム開発目標(MDGs)達成のためにアジアの直面する課題を議論する本会議には、主催側からブレア英首相、ベン英国際開発大臣、黒田アジア開銀総裁が参加し、アジア諸国からアジーズ・パキスタン首相兼財務相、ムルヤニ・インドネシア財務大臣、フック・ベトナム計画投資大臣をはじめとする15カ国の閣僚が参加した。このほか、NGO、学界、企業、プレス関係者が多数出席した。

(2)我が国は、遠山政務官を代表として、財務省・JBIC・JICA・学界の関係者が参加した。遠山政務官は、会議冒頭でのステートメントにおいて、アジアの主な課題として(イ)経済成長を通じた格差是正、(ロ)環境の長期的な持続性確保、(ハ)人間の安全保障の推進を指摘の上、我が国が引き続きアジア諸国を支援していく旨表明した。また、南南協力をはじめとするパートナーシップの強化とアジア諸国のオーナーシップの重要性を強調した。また、6つの分科会では、我が国の重視する人間の安全保障の視点、貿易投資を通じた成長促進、開発におけるインフラの役割、教育保健水準改善のための分野横断的な取り組み、環境問題への長期的取り組み等の重要性を主張した。

(写真)ブレア首相らと会議に臨む遠山政務官(左から二人目)

ブレア首相らと会議に臨む遠山政務官(左から二人目)

(写真)ステートメントを行う遠山政務官

ステートメントを行う遠山政務官

(3)我が国の指摘する格差是正の努力における経済成長の重要性や南南協力の推進の重要性、環境の長期的持続性確保等については、多くのアジア諸国や英国等から、強い支持が表明された。また、これまでの我が国の援助に対しては、様々な機会にアジア諸国から謝意の表明があった

(4)我が国は、アジア開発を支援するために以下の協力を発表し、これに対して(特に下記(イ))アジア諸国、英国から高い期待が表明された。

(イ)我が国・英国・アジア開発銀行の共催により、本年秋に「援助効果向上に関するアジア地域ワークショップ」を開催し、「援助効果向上に関するパリ宣言」実施のためにアジア諸国の経験を共有する。

(ロ)我が国・インドネシアの主導する「アジア森林パートナーシップ」を、英国の協力も得て推進することにより、違法伐採や森林管理に対する取り組みを強化する。

(ハ)開発途上国の貿易促進のために、「開発イニシアチブ」の下、今後3年間に貿易・生産・流通関連インフラ分野で100億ドルの資金協力を実施し、貿易関連分野で1万人の専門家派遣・研修員受け入れを実施する。

(ニ)南南協力の推進のために日英両国は、アジア生産性機構(APO)やUNDPを通じたものを含め協力を推進する。

(5)我が国は、開発分野の日英協力の一環として本会議の準備過程から多大な貢献を行った。成果文書ではこうした我が国の特別な協力に対する共催者の謝意表明が盛り込まれた。また、共催者の共同記者会見に遠山政務官が参加して我が国の貢献を積極的にアピールした。

(6)遠山政務官は、会議の期間中、トーマス英国際開発省政務次官と会談を行った。トーマス政務次官より、遠山政務官のステートメントや日英等で共催する援助効果向上に関するアジア地域ワークショップに対して感謝の意が表明され、遠山政務官よりは、アジア2015開催に対して敬意を表明した。この他、我が国のODA改革の動きや国連開発事業の効率性等について意見交換を行った。

(写真)トーマス英開発援助省政務次官と

トーマス英開発援助省政務次官と

2. 英国の若年雇用対策関連事業視察

 遠山政務官は、今回の英国訪問の機会に、英国の若年雇用対策関連事業の視察を行った。具体的には、ネットを活用した若年層(16歳以上)のスキルアップを行うシステムである「ラーン・ダイレクト」のセンター(Learndirect Centre: A4e Westminster)、および、13歳以上19歳以下の若年層に対する各種支援を行う「コネクションズ」(パーソナル・アドバイザーが学校、地方公共団体の施設等において、ニート対策、10代未婚の母対策、終業支援等の活動を行っている。)のセンターを訪問し、制度の概要等について説明を受け、関係者らと意見交換を行った。

(写真)Learndirectセンターで実際に教材を体験

Learndirectセンターで実際に教材を体験

(写真)コネクションズにて説明を聞く遠山政務官

コネクションズにて説明を聞く遠山政務官

このページのトップへ戻る
目次へ戻る