外務省 English リンクページ よくある質問集 検索 サイトマップ
外務省案内 渡航関連情報 各国・地域情勢 外交政策 ODA
会談・訪問 報道・広報 キッズ外務省 資料・公開情報 各種手続き
トップページ 外務省案内 外務本省
外務本省
田中政務官の西アフリカ4カ国訪問
-ガーナ、コートジボワール、ベナン、ブルキナファソ-
(概要と評価)


平成16年1月


1.概要

 田中和ノリ外務大臣政務官外務大臣政務官は、1月7日(水)から1月16日(金)まで、第3回アフリカ開発会議(TICAD III)にハイレベルで参加した西アフリカ4カ国(ガーナ、コートジボワール、ベナン及びブルキナファソ)に対する謝意の表明と今後のフォローアップへの参加・協力要請などのために同諸国を訪問した。田中政務官は、滞在中、ガーナではクフォー大統領、メンサ上級相、アクフォ・アドゥ外相及びエドゥマゼ・セントラル州大臣を表敬した。コートジボワールではバンバ外相、ベナンではケレク大統領、アムス計画相及びビアウ外相、ブルキナファソではコンパオレ大統領、ウエドラオゴ外相、ディアロ農相及びブダ経済開発相と会談した。また、我が国の経済協力案件等の現地視察を行った他、青年海外協力隊(JOCV)隊員、JICA専門家らと意見交換を行った。


2.会談

(1) ガーナ
 クフォー大統領との会談において、田中政務官より、西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)議長再任の祝意及び西アフリカ地域の平和と安定のための一層の取り組みに対する期待を表明した。これに対し、クフォー大統領よりは、我が国の経済協力への謝意表明、特にJOCV隊員派遣への丁重な謝意表明があり、友好な二国間関係の維持・強化とともに、我が国への国際場裡における協力関係を促進する旨述べた。
クフォー大統領(ガーナ)
クフォー大統領
セントラル州の有力者(ガーナ)
セントラル州の有力者
(2) コートジボワール
 バンバ外務大臣との会談において、田中政務官より、コートジボワールの国内混乱に対し、和平合意に基づく平和の定着促進を要望した。これに対し、2005年の選挙実施に向け状況は改善しているとして、経済協力再開等の要請があった。
バンバ外務大臣(コートジボワール)
バンバ外務大臣
(3) ベナン
 田中政務官より、国際社会における日本への支持に感謝を表明し、今後も変わらぬ支持を要請した。これに対し、ケレク大統領よりは、我が国のTICADイニシアチブを高く評価し、今後も支持していくとの発言があった。また、二国間関係の更なる促進、国連改革等、多国間協議の場での両国の協力を推進していきたいとの考えの表明があった。
ケレク大統領(ベナン)
ケレク大統領
(4) ブルキナファソ
 コンパオレ大統領より、TICADをはじめとする我が国のアフリカへの情熱に敬意を表し、TICADの定期開催に関心があると述べた。また、我が国の経済協力とJOCV隊員の活躍に謝意が表明された。さらに、同大統領は、我が国との国際社会における協力関係を促進する旨述べ、国連改革などに賛意を表わした。
コンパオレ大統領(ブルキナ・ファソ)
コンパオレ大統領

3.現地視察等

 ガーナでは我が国無償資金協力案件であるカソア・ヤモランサ幹線道路修復現場、ベナンではコトヌ市雨水排水施設、ブルキナファソではノンガナ小学校を視察し、同小学校の生徒・父兄等と懇談した他、情報省ラジオ放送施設を視察した。また、ガーナ及びブルキナファソでは、現地で活躍中のJOCV隊員と懇談し、その労をねぎらった。
ノンガナ小学校(ブルキナ・ファソ)
ノンガナ小学校


4.評価

(1) 田中政務官の今次訪問は、我が国と友好的な関係にある訪問先4カ国との二国間関係を一層強化し、国連等、多国間協議の場における協力を促進する上で大きな意義があった。特に国連安保理改革における我が国の立場へ前向きな支持を得ることができた。

(2) TICAD III出席者を、それぞれの本国に訪問してハイレベルにて会談を行うことによりTICADプロセスへの明示的な支持を再確認することができた。

(3) ECOWAS議長に再任されたガーナのクフォー大統領より西アフリカ地域の「平和の定着」を促進する決意が示されたことは大きな意義を有する。

(4) 訪問先4カ国の全てが、日本の経済協力への謝意及び国際社会における協力関係の一層の促進を表明した。

(5) 我が国政府のハイレベルによる西アフリカ訪問により、日本が同地域を重視しているとのメッセージが行動を伴う形で先方に伝わり、今後の同地域との関係強化に向けて大きなプラスとなった。


目次
外務省案内 渡航関連情報 各国・地域情勢 外交政策 ODA
会談・訪問 報道・広報 キッズ外務省 資料・公開情報 各種手続き
外務省