外務省 English リンクページ よくある質問集 検索 サイトマップ
外務省案内 渡航関連情報 各国・地域情勢 外交政策 ODA
会談・訪問 報道・広報 キッズ外務省 資料・公開情報 各種手続き
トップページ 外務省案内 外務本省
外務本省


小野寺政務官の沖縄訪問について

平成17年4月7日

  1. 小野寺外務大臣政務官は、4月8日(金)から9日(土)、IDB(米州開発銀行)沖縄年次総会関連セミナー出席および在沖米軍施設・区域視察等のため沖縄に出張する。

  2. IDB沖縄年次総会については、同総会に関連して開催される「中米諸国・ドミニカ共和国への投資機会セミナー」に出席し、冒頭の挨拶において、昨年小泉総理が表明した「日・中南米 新パートナーシップ構想」や本年が「日・中米交流年2005」であることも踏まえ、日本と中米諸国・ドミニカ共和国との関係の展望とその強化に向けた取組について発言する予定である。また、沖縄滞在中に、同総会に参加する中南米各国の要人との会談も実施する予定である。

  3. 在沖米軍関連では、在沖米軍施設・区域を視察するとともに、沖縄県および在沖米軍幹部と意見交換を行う予定である。

(参考)
(1)IDB(米州開発銀行 Inter-American Development Bank)
1959年設立(本部ワシントンD.C.)。域内・域外あわせ計47加盟国(日本は1976年加盟)。総会は毎年春に開催され、加盟国の財務大臣・中央銀行総裁等が出席する総会のほか、セミナー等様々な行事が行なわれる。

(2)日・中南米 新パートナーシップ構想
2004年9月、小泉総理がサンパウロ訪問時に行った演説において表明された、日本の対中南米政策の基本方針。

(3)日・中米交流年2005
2005年が、日本と中米5ヶ国(グアテマラ、エルサルバドル、コスタリカ、ニカラグア、ホンジュラス)の外交関係樹立70周年にあたり、また、これら5ヶ国が「愛・地球博」に近隣国のパナマ、ベリーズとともに(中米統合機構(SICA)加盟国)共同出展することを踏まえ、本年を「日・中米交流年2005」と定め、種々の記念行事を予定(「日・中米交流年2005」の対象国はSICA準加盟国のドミニカ共和国を含む。)。



目次