外務省 English リンクページ よくある質問集 検索 サイトマップ
外務省案内 渡航関連情報 各国・地域情勢 外交政策 ODA
会談・訪問 報道・広報 キッズ外務省 資料・公開情報 各種手続き
トップページ 外務省案内 外務本省
外務本省


小野寺五典大臣政務官のアフリカ諸国訪問
(概要と評価)
-セネガル、ガボン、カメルーン-

平成17年1月

アフリカの地図 (サンメリマ市小学校(カメルーン)で児童の歓迎を受ける小野寺政務官(中央))
  (サンメリマ市小学校(カメルーン)で
児童の歓迎を受ける小野寺政務官(中央))
1.概要

 小野寺五典外務大臣政務官は、1月10日(月)~18日(火)、西部・中部アフリカ諸国(セネガル、ガボン、カメルーン)を訪問しました。
 小野寺政務官は、各国で大統領、外相等の要人と会談し、国連・安保理改革の早期実現及び日本の常任理事国入りに対する理解と支援の取り付けを行うと共に、日本が提唱しているTICAD(アフリカ開発会議)プロセスを中心に対アフリカ協力に積極的に取り組んでいることを各国にアピールしました。
 また、日本の経済協力案件の視察、青年海外協力隊員、JICA専門家及び在留邦人との意見交換等を通じて現場に根ざした外交の展開を図りました。

(小野寺政務官(左)とワッド・セネガル大統領(右))
(小野寺政務官(左)とワッド・セネガル大統領(右))


(1)セネガル

(イ) ワッド大統領、ガッジョ外相と会談し、日本とセネガルの二国間関係の強化、アフリカの開発問題、国連をはじめとする国際場裡での協力につき意見交換をしました。

(ロ) また、国立保健社会開発学校(無償資金協力・技術協力案件)を視察した他、青年海外協力隊員、JICA専門家や在留邦人との意見交換を行いました。

(小野寺政務官(左)とボンゴ・オンディンバ・ガボン大統領(右))
(小野寺政務官(左)と
ボンゴ・オンディンバ・ガボン大統領(右))

(2)ガボン

(イ) ボンゴ・オンディンバ大統領、ンドング外務・協力・仏語圏副大臣をはじめとする政府要人と会談し、日本・ガボン二国間関係の強化、中部アフリカの安定、国連をはじめとする国際場裡での協力につき意見交換をしました。

(ロ) また、オウェンド地区零細漁業者センター(海外漁業協力財団(OFCF)協力案件)を視察した他、在留邦人との意見交換を行いました。

(小野寺政務官(左)とビヤ・カメルーン大統領(右)) (小野寺政務官の来訪を1面で報じた1月18日付「カメルーン・トリビューン」紙)
(小野寺政務官(左)と
ビヤ・カメルーン大統領(右))
(小野寺政務官の来訪を
1面で報じた1月18日付
「カメルーン・トリビューン」紙)

(3)カメルーン

(イ) ビヤ大統領、イノニ首相、エッソ外相をはじめとする政府要人と会談を実施し、日本・カメルーン二国間関係の強化、中部アフリカの安定、国連をはじめとする国際場裡での協力につき意見交換を行いました。

(ロ) 17日に行われた日・カメルーン間の技術協力協定の交換公文署名式に立ち会いました。

(ハ) また、ドゥアラ港コンテナ・ターミナル(有償資金協力案件)、サンメリマ小学校(無償資金協力案件)を視察した他、2002年のサッカーワールドカップで代表チームのキャンプ地となった大分県中津江村と友好親善都市協定を結んでいるメヨメサラ市を訪問しました。


2.評価

  • 訪問先3カ国との友好協力関係を一層強化すると共に、国連・安保理改革につき十分な意見交換を行うことができました。

  • 2005年は、G8グレンイーグルス・サミット(アフリカが主要議題)、国連ミレニアム宣言レビューのための首脳会合等が予定されるなどアフリカに焦点が当たる年です。このような動きを見据え、我が国が提唱しているTICADプロセスを中心に対アフリカ協力に積極的に取り組んでいることを各国にアピールし、これに対して、各国からもハイレベルでの支持を得ることができました。

  • 経済協力案件の視察、青年海外協力隊員、専門家及び在留邦人との意見交換等を通じて、顔の見える、現場に根ざした外交・広報を展開することができました。

目次