外務本省

エルベグドルジ・モンゴル国前首相による西村外務大臣政務官表敬

平成20年11月

(写真)

 11月14日午前、エルベグドルジ・モンゴル国前首相がかねてより親交のあった西村外務大臣政務官を表敬訪問しました。

  1. 西村外務大臣政務官より、本年6月のモンゴル国会総選挙にて、エルベグドルジ前首相が党首を務める民主党が改選前より議席を増やしながらも、過半数に達しなかったために、党首を9月に辞任したことに触れ、前首相がまだ45歳という若さである上に、これまで2回首相を務めた経験豊かな政治家であるので、今後の再起に期待していると述べました。
  2. これに対して、エルベグドルジ前首相より、西村外務大臣政務官の温かい励ましに謝意を表明されました。また、エルベグドルジ前首相は、現在の日本とモンゴルの関係が極めて順調に発展していることを高く評価し、今後の要人交流や環境問題への取組みにおける協力等について、モンゴル側の意向を説明しました。
  3. また、西村外務大臣政務官とエルベグドルジ前首相は、来年6月に控えたモンゴル大統領選挙をはじめとする政局の動きや、モンゴルの鉱物資源分野に対する外国投資等について、終始和やかな雰囲気の中、意見交換を行いました。そして最後に、次回の再会をモンゴルで行うことを約束しました。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る