外務本省

中野外務大臣政務官のアジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)第68回総会出席(概要)

平成24年5月22日

  • (写真)
    ESCAP総会での政府代表演説
  • (写真)
    ヘイザーESCAP事務局長との会談
  • (写真)
    カン・ゾー・ミャンマー国家計画・経済開発副大臣との会談
  • (写真)
    リー・カンボジア上級大臣との会談
  • (写真)
    ムヒト・バングラデシュ財務大臣との懇談
  • (写真)
    シハサク・タイ外務事務次官との懇談
  • (写真)
    邦人国連職員・NGO関係者との懇談.

 中野譲外務大臣政務官は,5月21日(月曜日),タイのバンコクにおいて開催されている国連アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)第68回総会に出席し,併せて各国政府代表等と会談を行いました。

1 国連アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)第68回総会

 5月17日(木曜日)から23日(水曜日)まで,ESCAP第68回総会が開催され,中野政務官は,21日(月曜日)の閣僚セッションにおいてステートメントを行いました。ステートメントの概要は以下のとおりです。

  1. (1)持続可能な開発の実現のために,経済・社会・環境の3つの柱の適切なバランスをとる必要がある。我が国は過去の経験を踏まえて,持続可能な開発を実現するための方法を国際社会と共に追求していきたい。
  2. (2)我が国としては,持続可能な開発の要素として,防災,グリーン成長,人間の安全保障,特に障害者と高齢化社会の問題を重視し,取り組みを進めている。また我が国に設置されている国連アジア太平洋統計研修所(SIAP)の役割を評価。
  3. (3)持続可能な開発の実現に向けて,また今後リオ+20,ポストMDGsの枠組みを議論する過程で,ESCAP及びそのメンバー国と協力していきたい。

中野大臣政務官のステートメント(英文(PDF)

2 主な二国間会談等

(1) ヘイザーESCAP事務局長

 ヘイザー事務局長から,日本がMDGs達成に向け主導的な役割を果たしており感謝しているとの発言があり,中野政務官からは我が国のステートメントに触れつつ,今後ともESCAPとの協力を継続していきたい旨応じました。

(2) カン・ゾー・ミャンマー国家計画・経済開発副大臣

 中野政務官からミャンマーにおける民主化・国民和解・経済改革の進展を歓迎すること,同国における投資環境の更なる整備が必要であることを述べ,カン・ゾー副大臣からは,日・ミャンマー間の要人訪問が数多く実現しており喜ばしいこと,ミャンマー政府と少数民族との停戦交渉が進展しているといった説明がありました。

(3)リー・トゥイッ・カンボジア上級大臣(国家災害委員会第2副委員長,ESCAP担当)

 中野政務官から5月にカンボジアを7年ぶりに訪問し同国の発展ぶりに感銘を受けた,幅広い分野で二国間の関係を一層強化していきたい旨述べました。リー・トゥイッ上級大臣からは,カンボジアは日本や国際社会の支援を受けて開発に取り組んでいること,今後日・カ両国の間で青年交流,文化交流を強化していきたい旨の発言がありました。

(4) ムヒト・バングラデシュ財務大臣

 ムヒト財務大臣から,最近の岡田副総理のバングラデシュ訪問が有意義であった,日本は重要なパートナーと考えている旨の発言があり,中野政務官からは,我が国企業のバングラデシュへの関心は高く,同国のビジネス環境の更なる改善を求めたい旨要請しました。

(5)また, この機会に中野政務官はESCAPに勤務する邦人職員及びタイで活動する邦人NGO関係者との間で,意見交換を行いました。



Adobe Acrobat Readerダウンロード Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAcrobat Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る