外務本省

風間外務大臣政務官とナジャフィ・アフガニスタン・イスラム共和国運輸民間航空大臣との会談

平成24年11月15日

  • (写真)
  • (写真)

 15日(木曜日)11時から約30分間,風間外務大臣政務官は,外務省において,訪日中のダウト・アリ・ナジャフィ・アフガニスタン・イスラム共和国運輸民間大臣(Dr. Daoud Ali Najafi, Minister of Transport and Civil Aviation, Islamic Republic of Afghanistan)と会談したところ,概要は以下のとおりです。

  1. 風間外務大臣政務官から,我が国は,本年7月のアフガニスタンに関する東京会合において表明したとおり,アフガニスタンの平和と安定及び持続的な開発に向けて引き続き協力していくこと,カブール国際空港への支援をはじめこれまでの我が国の支援が有効に活用されることを期待する旨述べました。また,邦人援助関係者の安全確保に今後も協力を求める旨述べました。
  2. これに対し,ナジャフィ大臣から,日本の支援に謝意が示されました。また,アフガニスタンの自立に向けた経済開発には空港や道路等の経済インフラの整備が重要であり,引き続きこれらの分野での日本の協力を期待する旨の発言がありました。加えて,次回の大統領選挙を自由で公正な形で実施することが,アフガニスタンの安定と自立へのコミットを示すものと認識しており,カルザイ大統領の明確な指示の下,その実現に向けてアフガニスタン政府全体で取り組んでいる旨発言がありました。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る