外務本省

河井外務大臣政務官のウラジオストク訪問について

平成17年7月7日

  1. 河井克行外務大臣政務官は、7月9日(土曜日)から11日(月曜日)まで、極東ロシアのウラジオストクを訪問する。
  2. 河井外務大臣政務官は、極東ロシア原潜解体協力事業「希望の星」の最初のプロジェクトであるヴィクター III級原潜の解体事業の現場および関連施設を視察するとともに、今後の協力について関係者と意見交換を行う予定である。また、ダリキン・セルゲイ・ミハイロヴィッチ沿海地方知事およびフョードロフ・ヴィクトル・ドミトリエヴィッチ太平洋艦隊司令官との間で、非核」化協力の進め方等について意見交換を行う予定である。

(参考)

1.「希望の星」事業2003年1月、小泉総理の訪露時に、極東におけるロシアの退役原潜解体協力事業の着実な実施が盛り込まれた「日露行動計画」が採択、小泉総理によって同事業を「希望の星」と命名。その最初のプロジェクトである「ヴィクター III級原潜解体事業」へのわが国の協力が、2003年12月より開始され、昨年12月完了した。現在、新たなプロジェクト(5隻の原潜解体)着手に向け協議を実施中。

2.出張日程

出張日程
日付 予定
7月9日(土曜日) 富山発 ウラジオストク着
7月10日(日曜日) ロシア原潜解体施設の視察および事業関係者との意見交換
7月11日(月曜日) フョードロフ太平洋艦隊司令官およびダリキン沿海地方知事との意 見交換
ウラジオストク発 成田着(ソウル経由)
このページのトップへ戻る
目次へ戻る