外務本省

伊藤外務大臣政務官の西アフリカ及びイタリア訪問
(概要と評価)

平成18年9月7日

 伊藤信太郎外務大臣政務官は、8月25日~31日の日程で、西アフリカ(セネガル、モーリタニア)及びイタリアを訪問したところ、概要と評価は以下のとおり。

1.訪問日程

(1)8月25日~27日、セネガル訪問(サル首相、ディアロ外務次官との会談、在留邦人との意見交換、職業訓練センター(我が国のODA案件)視察、西アフリカ臨時大使会議等)

(2)8月27日~29日、モーリタニア訪問(ヴァル国家元首(正義と民主主義のための軍事評議会議長)、ブバカール首相、シダフメド外務・協力大臣、アベッド経済・開発大臣、シディナ漁業・水産経済大臣、モハメド・アリ・エネルギー・石油大臣との会談、ドゥ・ヌレイニ小学校、魚市場、水産試験場(3ヶ所とも我が国ODA案件)視察、シディ「愛・地球博」モーリタニア政府代表に対する銀杯授与式、シンゲッティ海上油田視察等)

(3)8月30日~31日、イタリア訪問(ヴェルネッティ外務政務次官との会談等)

2.訪問の成果

(1)セネガル

 サル首相及びディアロ外務次官との会談においては、良好な二国間関係が強化されつつあることを確認、今後とも幅広い分野の問題に関し協力関係を緊密化させることで一致、先方より、ODAを中心とする我が国のセネガルに対する支援につき、高い評価と謝意が表明され、国連安保理改革問題についても、我が国の常任理事国入りへの支持も表明されるなど、有益な意見交換を行った。
 また、今次訪問の機会を捉え、JICA専門家や青年海外協力隊員等の在留邦人から、それぞれの活動状況につき説明を受けるとともに、我が国のODA案件である日本・セネガル職業訓練センターを視察した。
 さらに、西アフリカ地域臨時大使会議に出席し、この地域に駐在する我が方大使等(ナイジェリア、ガーナ、セネガル、ギニア、コートジボワール)と我が国の対西アフリカ外交強化のための方途について種々の意見交換を行った。

(写真)2006年8月25日、ディアロ外務次官と会談する伊藤政務官

2006年8月25日、ディアロ外務次官と会談する伊藤政務官

(写真)2006年8月25日、サル首相とともに。

2006年8月25日、サル首相とともに。

(写真)2006年8月25日、日本・セネガル職業訓練センター(我が国の経済協力案件)を視察する伊藤政務官

2006年8月25日、日本・セネガル職業訓練センター(我が国の経済協力案件)を視察する伊藤政務官

(写真)2006年8月26日、在セネガル日本国大使館にて開催された西アフリカ地域臨時大使会議に出席する伊藤政務官

2006年8月26日、在セネガル日本国大使館にて開催された西アフリカ地域臨時大使会議に出席する伊藤政務官

(2)モーリタニア

 伊藤政務官の今次訪問が、国交樹立以来最も高いランクの我が国政府要人の訪問であったことから、先方政府は本件訪問を極めて重視し、ヴァル国家元首(正義と民主主義のための軍事評議会議長)はじめ首相、外務・協力大臣、経済・開発大臣、漁業・水産経済大臣、エネルギー・石油大臣等主要閣僚との会談がアレンジされた。伊藤政務官主催のレセプションには国家元首名代としてのダヒ大統領府官房長、財政大臣、工業・産業大臣、水利大臣、農村開発・環境大臣、高等教育・科学研究大臣、初頭・中等教育大臣、女性の地位向上担当閣外大臣等多数の閣僚が出席した。
 ヴァル国家元首(平和と民主主義のための軍事評議会議長)及びブバカール首相との会談では、同国が進めている民主化努力や石油資源開発に対する我が国の協力の方針につき説明し、また、幅広い分野における二国間協力につき有益な意見交換を行った。
 外務・協力大臣、経済・開発大臣、漁業・水産経済大臣、エネルギー・石油大臣等の閣僚とは、経済協力や資源エネルギーといった様々な分野における今後の二国間協力のあり方等について建設的な意見交換を行った。
 また、今次訪問の機会を捉え、我が国のODA案件である首都ヌアクショット市のドゥ・ヌレイニ小学校、魚市場、水産試験管理施設等を視察するとともに、本年2月から生産を開始した海上油田の採掘現場であるシンゲッティ油田をエネルギー・石油大臣らとともに視察した。
 さらに、シディ「愛・地球博」モーリタニア政府代表に対し、日本政府を代表して天皇陛下からの銀杯の授与を行った。

(写真)2006年8月27日、アベッド経済・開発大臣と会談する伊藤政務官

2006年8月27日、アベッド経済・開発大臣と会談する伊藤政務官

(写真)2006年8月28日、ブバカール首相と会談する伊藤政務官

2006年8月28日、ブバカール首相と会談する伊藤政務官

(写真)2006年8月28日、ヴァル「正義と民主主義のための軍事評議会議長(国家元首)」と会談する伊藤政務官

2006年8月28日、ヴァル「正義と民主主義のための軍事評議会議長(国家元首)」と会談する伊藤政務官

(写真)2006年8月28日、建設中のヌアクショットの小学校(我が国の経済協力案件)を視察する伊藤政務官。この機会に現地のPTA関係者より伊藤政務官に対し謝意の表明があった

2006年8月28日、建設中のヌアクショットの小学校(我が国の経済協力案件)を視察する伊藤政務官。
この機会に現地のPTA関係者より伊藤政務官に対し謝意の表明があった

(写真)2006年8月29日、モクタール名誉総領事事務所において、シディ「愛・地球博」モーリタニア政府代表に対し、日本政府を代表して天皇陛下からの銀杯を授与する伊藤政務官

2006年8月29日、モクタール名誉総領事事務所において、シディ「愛・地球博」モーリタニア政府代表に対し、
日本政府を代表して天皇陛下からの銀杯を授与する伊藤政務官

(写真)2006年8月29日、モハメド・アリ石油大臣他とともに、ヌアクショット沖合のシンゲッティ油田を視察する伊藤政務官(左端のオレンジ色作業服)  (写真)

2006年8月29日、モハメド・アリ石油大臣他とともに、ヌアクショット沖合のシンゲッティ油田を視察する伊藤政務官(左端のオレンジ色作業服)

(写真)2006年8月29日、シダフメド外務・協力大臣と会談する伊藤政務官

2006年8月29日、シダフメド外務・協力大臣と会談する伊藤政務官

(3)イタリア

 ヴェルネッティ外務政務次官との会談では、良好な二国間関係の現状を確認した上で、今後様々な分野において関係を強化することの重要性について意見の一致を見た。特にイタリアが来年3月より日本で開催する総合交流事業「イタリアの春」について、伊藤政務官よりイタリアのイニシアティブを歓迎する旨述べた。また、レバノンをはじめとする最近の国際情勢につき意見交換を行った。

(写真)2006年8月30日、イタリア外務省において、ヴェルネッティ政務次官と会談する伊藤政務官

2006年8月30日、イタリア外務省において、ヴェルネッティ政務次官と会談する伊藤政務官

このページのトップへ戻る
目次へ戻る