外務本省

西村外務大臣政務官のカシット・タイ外相との会談

平成21年10月

 西村外務大臣政務官は、アジア協力対話(ACD)外相会合出席のためスリランカに出張した際(10月15日)、タイのカシット外相と会談したところ、概要以下のとおりです。
  1. 西村政務官から、プミポン国王陛下の早期快復を祈念する旨述べるとともに、自分(西村政務官)は、20年前にタイに住んだこともあり、タイに親しみを感じている旨述べました。これに対しカシット外相より、政務官の就任に祝意を表明するとともに、日本とタイは援助供与国と受入れ国との関係を超えてパートナーとして協力していきたい旨述べました。
  2. 西村政務官から、在タイ日系企業に対するタイ政府の支援につき謝意を表明しました。カシット外相から、日系企業支援につき努力していること、また、日タイ経済連携協定に関し、サービス分野について前進を見たい旨述べました。
  3. カシット外相から、ASEANの新規加盟国への支援について日本とともに協力していきたい旨述べました。これに対し西村政務官から鳩山総理は将来的に東アジア共同体を構築していくという構想を掲げており、関係各国と協力していきたいと述べました。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る