外務本省

ヘレル次期駐日メキシコ大使による山根外務副大臣への表敬

平成23年10月6日

  • (写真)ヘレル次期駐日メキシコ大使による山根外務副大臣への表敬
  1. 10月6日(木曜日),山根外務副大臣は,ヘレル次期駐日メキシコ大使の表敬を受け,懇談しました。
  2. ヘレル次期駐日大使は,「山根副大臣に対して,両国は素晴らしい関係にあり,昨年のカルデロン大統領の訪日を踏まえ,戦略的グローバル・パートナーシップの関係にある」旨述べていました。また,日メキシコ経済連携協定により,貿易・投資が拡大し,400を超える日系進出企業がメキシコ市場で重要な役割を果たしていることなどに言及しました。
  3. 一方,山根副大臣は,「外交官として長い経歴を有するヘレル次期駐日大使の着任により,両国関係が一層強化されることを期待する」と述べるとともに,東日本大震災にてメキシコからの温かいお見舞いや支援に対し謝意を表明しました。また、山根副大臣は、東京オリンピック(1964年)やメキシコ・オリンピック(1968年)などを話題としつつ,2020年のオリンピック候補地として東京が立候補していることに対し,メキシコの理解と協力を求めました。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る