外務本省

山根外務副大臣のハイチ訪問(概要)

平成23年9月22日

  • (写真)仮設住宅の前でIOMスタッフとビンセント校にて生徒の歓迎をうける山根副大臣-1
  • (写真)仮設住宅の前でIOMスタッフとビンセント校にて生徒の歓迎をうける山根副大臣-2

仮設住宅の前でIOMスタッフとビンセント校にて生徒の歓迎をうける山根副大臣

 山根隆治副大臣は,9月20日から22日にかけて,ハイチを訪問したところ,概要は以下のとおりです。

  1. 山根副大臣は9月21日,レ・ハイチ共和国外務大臣と会談を行った。山根副大臣よりハイチの政治的・社会的安定を求めるとともに,日本として国際社会と連携しながら引き続き支援を行っていく旨表明。レ大臣よりは,ハイチの安定に向けた努力につき説明があるとともに,我が国支援に対する謝意の表明があった。
  2. 同21日,山根副大臣は国連ハイチ安定化ミッション(MINUSTAH)に派遣されている我が国自衛隊部隊宿営地を訪問し,橋本ハイチ派遣国際救援隊隊長から同部隊の活動につき説明を受けるとともに,同部隊を激励した。
  3. この他山根副大臣は,20日及び21日,首都ポルトープランスにおいて我が国NGO「難民を助ける会」が支援を行っている障害者学校聖ビンセント校及び併設クリニック,日本が供与した資金を用いて,国際移住機関(IOM)が建設した仮設住宅,またレオガン市で行われている経済協力サイトであるシグノ結核療養所及びレオガン市復興のための市街地緊急リハビリ事業等を視察した。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る