外務本省

塩崎外務副大臣のスイスおよび英国訪問について

平成18年3月13日
  1. 塩崎外務副大臣は、3月14日(火曜日)から18日(土曜日)まで、スイスおよび英国を訪問する。
  2. スイスにおいては、マルコム・ナイト国際決済銀行(BIS)総支配人他幹部と会談を行う。
  3. また、英国においては、ブレア首相およびストロー外相を表敬訪問するとともに、日英21世紀委員会第22回合同会議に日本側座長として出席する。

(参考1)塩崎外務副大臣の出張日程

出張日程
日付 予定
3月14日(火曜日) 成田発バーゼル着
3月16日(木曜日) バーゼル発ロンドン着
3月18日(土曜日) ロンドン発
3月19日(日曜日) 成田着

(参考2)日英21世紀委員会について

  1. 日英21世紀委員会第22回合同会議は、3月16日(木曜日)から18日(土曜日)まで、英国(ロンドン及びハートフォードシャー)において開催される。
  2. 今回の会議には、日本側から塩崎恭久外務副大臣(座長、衆議院議員)、上田勇衆議院議員、武正公一衆議院議員、武見敬三参議院議員をはじめ16名が、英国側からカニンガム卿(座長、上院議員)、メンジース・キャンベル自由民主党党首(下院議員)をはじめ25名が出席する予定である。
  3. 今回の会議では、(1)アジアにおける日本および欧州における英国の政治、経済情勢、(2)日本、英国および世界におけるエネルギーを巡る課題、(3)人の移動:移民問題および多文化共生社会の課題、(4)中国およびインドの台頭がアジアと欧州に及ぼす影響、の各テーマについて討議が行われる。また、参加者は英国のブレア首相およびストロー外相を表敬訪問する。
  4. 日英21世紀委員会は、1985年に中曽根康弘総理(当時)とサッチャー首相(当時)の合意に基づき、日英間の協力のあり方を検討するために設置された賢人会議。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る