外務本省

センドロ・リベリア土地・鉱業・エネルギー大臣による榛葉外務副大臣表敬

平成24年12月10日

  • (写真)榛葉外務副大臣への軍縮・不拡散に関する提言書提出(国際ステューデント・プレゼンテーション-1)
  • (写真)榛葉外務副大臣への軍縮・不拡散に関する提言書提出(国際ステューデント・プレゼンテーション-2)

 平成24年12月10日(月曜日)午前11時00分から約20分間,榛葉外務副大臣は,来日中のセンドロ・リベリア土地・鉱業・エネルギー大臣の表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。

  1. 冒頭,榛葉外務副大臣より,センドロ大臣の訪日を歓迎する旨述べるとともに,経済協力や民間投資を通じた日リベリア二国間関係の進展における同大臣の貢献に謝意を表明しました。また,来年6月に開催される第5回アフリカ開発会議(TICAD V)は「質の高い成長」をテーマとしており,ポスト・ミレニアム開発目標(MDGs)ハイレベルパネルの共同議長であるサーリーフ大統領の同会議への参加及び積極的な役割を期待する旨述べました。
  2. これに対し,センドロ大臣より,今次訪日における日本側の温かい歓迎に対し謝意を述べるとともに,リベリアが高い潜在性を有する天然資源・エネルギー開発の分野において,今後,日本との官・民両方における協力を進展させていきたい旨述べました。また,リベリアとしてTICADVを重視しており,帰国後,日本からの要請を大統領に伝達する旨述べました。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る