外務本省

金田外務副大臣のメキシコ、パナマ、米国訪問について

平成18年4月28日
  1. 金田勝年外務副大臣は、5月2日(火曜日)から5月8日(月曜日)まで、メキシコ、パナマおよび米国(ニューオリンズ、ナッシュビル)を訪問する。
  2. メキシコでは日・メキシコ経済連携協定(日墨EPA)合同委員会第2回会合に日本側議長として出席するとともに、ガルシア・デ・アルバ経済大臣をはじめ政府要人と会談し、日墨EPA発効後の両国間の経済関係をはじめ、幅広い分野で進展している日墨関係全般について意見交換する。
  3. パナマではルイス・ナバロ第一副大統領兼外務大臣をはじめ、政府要人との会談および運河視察を予定している。わが国はパナマ運河の世界第3位の利用国であり、同国の便宜置籍船制度第1位の利用国でもある。パナマ運河拡張計画が先日公表されたところ、わが国の関心をハイレベルで伝える予定である。
  4. ニューオリンズにおいては、ハリケーン・カトリーナの復旧作業等にあたる同市関係者と意見交換を行い、被災地を視察する予定である。また、ナッシュビルでは、駐在日系企業等と意見交換を行う予定である。

(参考)

金田外務副大臣の日程
日付 予定
5月2日(火曜日) 成田発メキシコ・シティー着
5月4日(木曜日) 同発パナマ着
5月5日(金曜日) 同発ニューオリンズ着
5月6日(土曜日) 同発ナッシュビル着
5月7日(日曜日) 同発
5月8日(月曜日) 成田着
このページのトップへ戻る
目次へ戻る