外務本省

金田副大臣の中国及びモンゴル訪問について

平成18年6月29日
  1. 金田勝年外務副大臣は、7月1日(土曜日)から4日(火曜日)までの間、中国及びモンゴルを訪問する。
  2. 中国においては、日中友好環境保全センター10周年記念式典に出席するほか、周生賢・中国国家環境保護総局局長及び宋健・中日友好協会会長と会談を行う予定である。
  3. モンゴルにおいては、エンフバヤル大統領をはじめとするモンゴル政府要人と会談するほか、日本・モンゴル人材協力センターなどの経済協力案件も視察する予定である。

(参考)

  1. 金田副大臣の出張日程
    日程
    日付 予定
    7月1日(土曜日) 成田発北京着 政府要人との会談
    7月2日(日曜日) 日中友好環境保全センター10周年記念式典への出席
    中日友好協会会長との会談
    北京発ウランバートル着
    7月3日(月曜日) モンゴル政府要人との会談
    経済協力案件の署名及び視察
    7月4日(火曜日) ウランバートル発成田着
  2. 日中友好環境保全センター概要

     日中友好環境保全センターは、1998年に日中平和友好条約締結10周年を記念して竹下総理及び李鵬首相(いずれも当時)間で設立を合意。1991年~1994年に無償資金協力(約105億円)により、施設の建設等を実施し、1996年5月に開所。1992年からは技術協力を実施し、環境分野の技術移転や人材育成を通して中国の環境観測システムとデータ処理の水準を高めるとともに、センター独自の研究や研修能力の向上を図ることにより、中国の環境政策立案に寄与。また、同センターは、環境分野での日中間の交流及び協力の拠点としても重要な役割を果たしている。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る