外務本省

金田外務副大臣のコロンビア、モロッコ訪問(概要と評価)

平成18年8月11日

 金田勝年外務副大臣は、8月6日から8月10日まで、コロンビアとモロッコを訪問した。コロンビアでは、アルバロ・ウリベ・コロンビア大統領の就任式(8月7日)に特派大使として出席した他、ウリベ大統領(アラウッホ外務大臣同席)、およびサントス副大統領と会談した。また、金田外務副大臣は、クエルボ文化大臣との間で、草の根・人間の安全保障無償資金協力の署名式を実施した。なお、ウリベ大統領、サントス副大統領からは、日・中南米関係に多大な貢献をされた橋本元総理の逝去に関し、哀悼の意を表する発言があった。

 また、金田副大臣は、8月9日(水曜日)~10日(木曜日)までモロッコを訪問し、ジェットゥ首相、アズーレイ国王顧問と会談(10日)を行った他、同国滞在中に、エル・アラミ経済総務特命大臣との間で「第二次地方村落妊産婦ケアー改善計画(約9.7億円)」の無償資金協力に関する交換公文(E/N)署名(9日)を行った。それぞれの概要及び今次訪問の評価は以下の通り。

1.概要(コロンビア)

(1)ウリベ大統領への信任状捧呈(8月7日)

(写真)(ウリベ大統領への信任状捧呈)
(ウリベ大統領への信任状捧呈)
(写真)(ウリベ大統領、アラウッホ外相との会談)
(ウリベ大統領、アラウッホ外相との会談)

(2)ウリベ大統領との会談(アラウッホ外相同席)(8月8日)

(3)サントス副大統領との会談(8月7日)

(4)草の根・人間の安全保障無償資金協力署名式(8月8日)

 金田副大臣は、クエルボ文化大臣との間で5件の児童図書館建設に関する草の根・人間の安全保障無償資金協力の贈与契約への署名を行った。クエルボ文化大臣より、我が国支援への謝意が述べられた。

(写真)(サントス副大臣との会談)
(サントス副大統領との会談)
(写真)(草の根・人間の安全保障無償資金協力署名式)
(草の根・人間の安全保障無償資金協力署名式)

2.概要(モロッコ)

(1)ジェットゥ首相との会談(8月10日)

(2)アズーレイ国王顧問との会談(8月10日)

(写真)(ジェットゥ首相との会談)
(ジェットゥ首相との会談)
(写真)(アズーレイ国王顧問との会談)
(アズーレイ国王顧問との会談)

(3)「第2次地方村落妊産婦ケア改善計画」E/N署名式(8月9日)

 金田副大臣は、エル・アラミ経済総務特命大臣との間で我が国の無償経済協力案件「第2次地方村落妊産婦ケア改善計画」の交換公文署名式を行った。署名式に先立ち、エル・アラミ経済総務大臣より我が国の支援に対し謝意が述べられるとともに、二国間経済関係強化に向けセミナー開催の可能性等について意見交換を行った。

(写真)(無償資金協力E/N署名式)
(無償資金協力E/N署名式)

3.訪問の評価

(1)コロンビア

 金田外務副大臣は、ウリベ大統領就任式に特派大使として出席し、ウリベ大統領等と個別会談を行い、平和の定着、経済関係の強化、国際場裡における協力の3分野で、関係を強化するとの方針を再確認することができた。また、ウリベ大統領をはじめ、コロンビア政府関係者からは、学校、図書館建設、紛争被害者支援など、日本の援助に対する感謝が繰り返し表明され、日本の協力に対する高い評価と大きな期待が伺われた。このような援助の一環として、金田副大臣は、クエルボ文化大臣との間で、児童図書館建設への協力の署名式を行ったことは、現地で大きく報道され、日本のコロンビア支援の姿勢を広く示すことができた。

(2)モロッコ

 金田副大臣は、ジェットゥ首相、アズーレイ国王顧問と会談し、両国間の良好な友好協力関係を再確認するとともに、日・モロッコ外交関係樹立50周年を踏まえて、今後の関係強化の方策について協議することができた。

 また、無償資金協力案件「第2次地方村落妊産婦ケア改善計画」交換公文署名式では、多数のプレスが集まる中、金田副大臣自らが署名を行うことで、我が国のプレゼンスを広くアピールし、良好な対日感情の増進に寄与することができた。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る