外務本省

V4諸国政務局長による福山外務副大臣への表敬

平成22年2月1日

  • V4諸国政務局長による福山外務副大臣への表敬
  1. 2月1日(月曜日)9時30分から30分程度、福山外務副大臣は第3回「V4+日本」政策対話のため訪日中のイクローディ・ハンガリー外務省専門次官、シュラーメク・チェコ外務省政務局長、ソプクフ・ポーランド外務省政務局長及びスロボドニーク・スロバキア外務省政務局長の表敬を受けました。
  2. 福山副大臣より、アフガニスタン支援や日EU経済連携協定(EPA)、環境・気候変動問題、国連安保理改革等に関し、V4諸国と引き続き緊密に協力していきたい旨述べました。
  3. これに対し、V4議長国を務めるハンガリーのイクローディ外務専門次官より、日本はV4諸国が欧州以外で対話・協力の枠組みを有する数少ない国であり、引き続き「V4+日本」の枠組みでの対話を継続していきたい、またエネルギー、環境・気候変動分野、開発協力など様々な分野で引き続き日本と協力していきたい旨述べました。

(注)V4諸国

チェコ、ハンガリー、スロバキア、ポーランドの4か国による地域協力の枠組みで、1991年、ハンガリー北部のヴィシェグラード(Visegrad)で設立合意会合が開催されたことからこう呼ばれます。なお、議長国は任期1年の持ち回りで、本年6月末まではハンガリーが議長国を務めます。日本はV4諸国との間で様々なレベルでの対話や協力を推進しています。

このページのトップへ戻る
福山副大臣訪問・会談記録 |  目次へ戻る