外務本省

福山外務副大臣とムスンバ・ウガンダ外務省地域担当国務大臣との会談

平成22年3月8日

  • (写真)福山外務副大臣とムスンバ・ウガンダ外務省地域担当国務大臣との会談-1
  • (写真)福山外務副大臣とムスンバ・ウガンダ外務省地域担当国務大臣との会談-2

3月8日、福山副大臣は、訪日中のムスンバ・ウガンダ外務省地域担当国務大臣と会談を行いました。

  1. 福山副大臣より、3月1日(現地時間)に発生したウガンダ東部地滑り被害に対するお見舞いを述べるとともに、今後具体的な支援を検討したい旨述べました。これに対し、ムスンバ大臣より謝意が表明され、これまでの日本の経済協力及び気候変動による自然災害への対処に向けた新規支援に感謝する、引き続き支援をお願いしたい、また日本が高い関心を示す気候変動への取組において引き続き日本と協力したい旨の発言がありました。
  2. 気候変動問題につき、福山副大臣より、コペンハーゲン合意への迅速な賛同表明を要請したところ、ムスンバ大臣より、コペンハーゲン合意への賛同を条約事務局に表明する旨の発言がありました。
  3. また、ムスンバ大臣より、国連ハビタット次期事務局長候補としてウガンダのカリバラ大使を日本政府として支持してほしいとの要請があり、福山副大臣より、真剣に検討したい旨述べました。

このページのトップへ戻る
福山外務副大臣 |  目次へ戻る