外務本省

スリランカ和平プロセス推進青年招へい参加者の福山外務副大臣表敬

平成22年3月4日

  • (写真)スリランカ和平プロセス推進青年招へい参加者の福山外務副大臣表敬
  1. 福山外務副大臣は、3月4日(木曜日)、17時30分から約20分間、スリランカ和平プロセス推進青年招へい参加者5名による表敬を受けました。

  2. 冒頭、福山副大臣より、内戦が終結したスリランカで、国内避難民の再定住も進展しており、早期に情勢が安定することを希望しており、国民再統合と恒久的な和平の実現を祈念している旨述べるとともに、日本はこれまで経済協力を続け、明石政府代表の派遣等を通じ和平プロセスを支援してきており、今後もスリランカの平和の構築を支援していきたい旨述べました。

  3. これに対し参加者代表は、インフラ整備、保健、農林水産など様々な分野への日本の経済協力や和平プロセスへの支援に感謝する、引き続き支援をお願いしたい旨述べました。また、科学技術が発達し、文化豊かな日本を訪問できて大変嬉しく思うとして、今回の招へいに対する謝意が述べられました。

  4. 福山副大臣より、自らが約20年前にスリランカのNGO活動に参加したこと、2004年の津波災害後に支援金をもってスリランカに駆けつけたことなどを披露しつつ、津波は悲しい出来事だったが、スリランカには良い思い出ばかりがある旨述べ、参加者には日本文化に触れ、日本好きになって帰国して欲しい旨述べるなど、和やかな歓談の中で表敬を終えました。

このページのトップへ戻る
福山副大臣訪問・会談記録 |  目次へ戻る