外務本省

堀内光子児童労働ネットワーク代表ほかによる伴野外務副大臣への表敬

平成22年10月22日

  • (写真)堀内光子児童労働ネットワーク代表ほかによる伴野外務副大臣への表敬-1
  • (写真)堀内光子児童労働ネットワーク代表ほかによる伴野外務副大臣への表敬-2
  1. 22日午前10時40分過ぎから約20分間、児童労働ネットワークの堀内光子代表ほか3名が、伴野豊外務副大臣を訪問し、全国から集められた児童労働に反対する署名を提出しました。
  2. 署名の提出に当たり、堀内代表より、世界中から「最悪の形態の児童労働」を根絶するための、日本の行動計画の策定、必要な予算措置、国際協力の強化等の要請が表明され、伴野副大臣から、日本らしいやり方で、関係省庁とともに努力したい旨回答しました。
このページのトップへ戻る
伴野副大臣訪問・会談記録 |  目次へ戻る