モーリシャス共和国

日・モーリシャス首脳会談

令和元年8月29日

英語版 (English)

  • (写真1)日・モーリシャス首脳会談
    日・モーリシャス首脳会談(写真提供:内閣広報室)

 本29日午後5時15分頃から約15分間,横浜において,安倍晋三内閣総理大臣は,プラヴィン・クマール・ジャグナット・モーリシャス共和国首相(Honorable Pravind Kumar JUGNAUTH, Prime Minister of the Republic of Mauritius)との間で日・モーリシャス首脳会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。なお,ジャグナット首相は28日から30日まで開催中の第7回アフリカ開発会議(TICAD 7)に参加するため訪日中です。

  1.  冒頭,安倍総理大臣から,「モーリシャスは安定した民主主義国であり,ビジネス促進がテーマのTICAD7において,ジャグナット首相の貢献を期待したい」旨述べました。これに対し,ジャグナット首相から,「温かい歓迎に感謝する。法の支配や民主主義等の価値観を共有する日本とモーリシャスの協力関係を更に強化したい」旨述べました。
  2.  続いて,安倍総理大臣から,西インド洋における協力特別会合の開催に言及しつつ,インド洋を自由で開かれた海洋として発展させるべく,モーリシャスと協力したい旨述べるとともに,それに向けて,先般署名を行った「経済社会開発計画」を通じ,海上保安能力強化に向けた取組を後押しする旨述べました。さらに,安倍総理大臣は,モーリシャス経済開発庁(EDB)の東京事務所が8月1日に開設されたことを歓迎しました。
      これに対し,ジャグナット首相から,モーリシャスは連結性向上を重要視しており,自由で開かれたインド太平洋の実現を支持する旨発言がありました。また,これまでの日本の支援に謝意を表明するとともに,防災や海洋事故対策の分野での日本の協力を期待する旨述べました。
  3.  この他,両首脳は安保理改革を含む国際場裡における協力や北朝鮮情勢等に関し,意見交換を行いました。

このページのトップへ戻る
モーリシャス共和国へ戻る