広報文化外交

募集:対日理解促進交流プログラム「JENESYS2019」(対象国:モンゴル)実施団体となる候補の選定に関する企画競争に準じた手続の実施

平成31年3月15日

1 企画競争に準じた手続をする者の氏名並びにその対応する部局の名称及び所在地

 外務省アジア大洋州局中国・モンゴル第一課長 岩本 桂一
 〒100-8919 東京都千代田区霞が関二丁目2番1号

2 企画競争に準じた手続をする事項

 対日理解促進交流プログラム「JENESYS2019」(対象国:モンゴル)候補となる実施団体の選定手続に関する企画競争に準じた手続の実施

(注)詳細については,外務省ホームページ掲載の別添の説明書(PDF別ウィンドウで開く),別添1(PDF別ウィンドウで開く),別添2(Excel),別添3(WordPDF別ウィンドウで開く),別添4(WordPDF別ウィンドウで開く),別添5(PDF別ウィンドウで開く)を参照。

3 説明会の開催

 本募集に基づき企画書提出に関心を有する者に対して説明会を開催する。
 説明会に参加を希望する者は,平成31年3月29日(金曜日)午後5時00分までに下記7の問い合わせ先に原則FAX(様式適宜)にて連絡するものとする。

  • (1)開催日時:平成31年4月1日(月曜日)午前11時00分
    (午前10時55分までに東口集合)
  • (2)開催場所:外務省 会議室

4 企画書の提出

  • (1)提出期限:平成31年4月26日(金曜日)午後5時00分までに持参又は郵送する(郵送の場合は書留等により期限内に到着するよう送付し,到着を確認する。)。
  • (2)提出先:外務省アジア大洋州局中国・モンゴル第一課(担当:森井)
    住所は上記1と同じ
    電話:03-5501-8000(内線:3921)

5 参加資格

  • (1)予算決算及び会計令(以下「予決令」という。)第70条の規定に該当しない者であること。なお,未成年者,被保佐人又は被補助人であって,契約締結のために必要な同意を得ている者は,同条中,特別の理由がある場合に該当する。
  • (2)予決令第71条の規定に該当しない者であること。
  • (3)外務省等から指名停止を受けている期間中でないこと。
  • (4)平成31・32・33年度外務省競争参加資格(全省庁統一資格)「役務の提供等」に格付けされた競争参加資格を有する者であること。

6 その他

  • (1)上記4の提出期限までに適正な全ての書類の提出がなかった団体・個人は,本件委嘱先に選定される資格を失うものとする。
  • (2)企画書等提出に伴う一切の費用は提出者が負担する。また,提出のあった企画書等は採否にかかわらず返却しない。
  • (3)本件企画競争に準じた手続に参加を希望する者は,企画書の提出時に,支出負担行為担当官が別に指定する指名停止措置を受けていない及び暴力団等に該当しない旨の誓約書(説明書VI.1.(7))を提出しなければならない。なお,右誓約書を提出せず,又は虚偽の誓約をし,若しくは契約書に反することとなったときは,当該者の企画競争参加を無効とするものとする。
  • (4)本企画競争により採用された者は,外務省が対日理解促進交流プログラム「JENESYS2019」(対象国:モンゴル)における拠出先となる国際機関等に推薦することにより,同国際機関において検討し,承認することによって最終的に同国際機関との間での被契約者となる。したがって,本企画競争により採用されることをもって実施団体としての承認を行うものではない。
  • (5)平成31年度予算成立を前提とする。

7 問い合わせ先

 外務省アジア大洋州局中国・モンゴル第一課 担当:森井
 〒100-8919 東京都千代田区霞が関二丁目2番1号
 電話 03-5501-8000(内線:3921)
 FAX 03-5501-8438



Get Adobe Reader(別ウィンドウで開く) Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAdobe Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

このページのトップへ戻る
広報文化外交へ戻る