世界の医療事情

フランス

令和2年10月

1 国名・都市名(国際電話番号)

 フランス共和国(パリ市)(国際電話国番号33)

2 公館の住所・電話番号

○ 在フランス日本国大使館 (毎週土日休館)
住所:7 AVENUE HOCHE 75008 PARIS
電話:01.48.88.62.00(代表)
ホームページ:https://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/別ウィンドウで開く

 ※土日以外の休館日は暦年ごとにホームページにて案内していますので、ご覧ください。

4 衛生・医療事情一般

 フランスの衛生事情は概して良好な状態を維持しており、医療水準は日本や他の欧米諸国とならび世界的にもトップレベルです。

 救急車の利用、医療機関の受診手続き等には日本と異なる点も多く、利用に際してそれらの特徴を予め十分に理解しておく必要があります。例えば、直ちに治療が必要な場合は、フランスでは重症度によらず、また昼夜の別なく救急外来を受診して相談します。他方、緊急でない通常の診察は事前に予約が必要です。クリニックや個人開業医では血液検査やレントゲン検査等の諸検査を外部の検査機関に委託していることがほとんどです。この場合、医師より指示された検査を受けるためには各検査機関に別途予約が必要となります。薬が処方された場合は処方箋を持って薬局で購入します(日本の院外薬局と同様ですが、薬局が病院に隣接しているとは限りません。ただし都市部であれば薬局はそこここに存在していますので探すのに苦労することはありません)。

 診察料、検査代、薬代など治療費は非常な高額になる可能性があります。医療費は原則として自己負担となりますので、海外旅行傷害保険等、十分な補償額の保険への加入をお勧めします(日本の(公的)保険の適用を受ける場合でも、いったん自分で支払い、帰国後に領収書や診断書等必要書類を添えて申請する必要があります)。

5 かかり易い病気・怪我

(1)呼吸器感染症

 日本と同様、季節の変わり目や冬季に風邪、インフルエンザなどが流行します。手洗いやうがいの励行、さらにはインフルエンザの予防接種をお勧めします。

(2)花粉症等のアレルギー

 春先には花粉症の症状を訴える方も少なくありません。花粉症や喘息などのアレルギーの既往のある方は、日本で使い慣れた薬があるような場合は持参されることをお勧めします。

(3)交通事故

 他の先進国同様、交通事故は大きな社会問題となっています。

6 健康上心がける事

(1)日本に比べ一年を通じて湿度が低く、特に冬季には暖房により屋内はさらに乾燥します。保湿クリーム等にて乾燥対策を心がけてください。

(2)日本から直行便で約12時間を要し、夏は7時間、冬は8時間の時差があります。時差ぼけや長旅の疲れで体調を崩すことも珍しくありません。旅行中はスケジュールを詰めすぎることなく、ある程度のゆとりをもって行動するよう心がけてください。

(3)パリでは、時々大気汚染が深刻な状態になって市内への自家用車の進入制限などが行われることがあります。そのような場合、なるべく外出を控えた方がいいでしょう。

(4)パリは公園の多い街で、茂みに入ってマダニに咬まれる事例もあります。地方によってはダニ脳炎の発生もあります。フランス南部ではデング熱等が発生することがあります。

7 予防接種

 現地のワクチン接種医療機関等についてはこちら(PDF)別ウィンドウで開く

(1)赴任者に必要な予防接種

 入国に際し、ワクチン接種証明書が必要な特定の感染症はありません。
 小児は日本の予防接種法で決められたワクチンを、成人は破傷風、できればA型肝炎、B型肝炎の予防接種を受けることをお勧めします。Centre de Vaccinations Internationales Air France (住所:38 quai de Jemmapes, 75010 Paris TEL: 01 43 17 22 00)では、経口ワクチン以外の黄熱や腸チフスを含めた殆どのワクチンの接種を受けることができます。

(2)フランスの小児定期予防接種一覧

フランスの小児の定期予防接種
初回 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 7回目 8回目
BCG 1ヶ月 (例外)※1              
ポリオ(IPV ※2) 2ヶ月 4ヶ月 11ヶ月 6歳 11~13歳 25歳 45歳 65歳以上 10年毎
DPT(DT) 2ヶ月 4ヶ月 11ヶ月 6歳 11~13歳 25歳 45歳 (DT) 65歳以上 10年毎
MMR 12ヶ月 16~18ヶ月            
B型肝炎 2ヶ月 4ヶ月 11ヶ月          
Hib 2ヶ月 4ヶ月 11ヶ月          
肺炎球菌 2ヶ月 4ヶ月 11ヶ月          
髄膜炎 5ヶ月 12ヶ月            
HPV ※3 11~14歳 11~14歳            

※1 BCGは生後~15歳まで結核菌に感染する危険の高い場合に例外的に接種しています。現在では一般的には接種していません。

※2 ポリオは経口ワクチン(OPV)ではなく、不活化ワクチン(IPV、注射)です。また、フランスでは混合ワクチンの接種が一般的です。混合ワクチンは3種混合(ジフテリア、ポリオ、破傷風)、4種混合(3種混合+百日咳)、5種混合(4種混合+Hib)、6種混合(5種混合+B型肝炎)となっています。

※3 HPVは11~14歳の間に2回接種とされておりますが、製品によって接種間隔が異なりますので、都度確認ください。

(3)小児が現地校に入学・入園する際に必要な予防接種・接種証明

 現地校に(編)入学(園)する際、特に公立の場合は、上記の小児定期予防接種の接種証明(certificat de vaccination)の提出を求められますので、日本の母子健康手帳を必ず持参してください。日本大使館の領事部で予防接種のフランス語書簡の作成が可能です(必要書類等詳細は在仏日本大使館ホームページの当該箇所を参照してください)。未接種のワクチンについては、当地で接種することになりますが、ワクチン接種は上記のCentre de Vaccinations Internationales Air Franceの他、総合病院、クリニックや個人開業医の外来でも受けることができます。

8 病気になった場合(医療機関等)

※緊急時の対応について

 海外旅行傷害保険に加入している場合は、提携しているアシスタンス会社に電話すると全て日本語でサービスが受けられますので、保険契約書をご参照ください。通常、緊急の場合は全国共通の救急医療サービス、電話「15」、S.A.M.U. (サミュ) にかけてください。S.A.M.U.はフランスの緊急医療援助体制(Service d' Aide Medicale Urgente=公営)の略で、フランス全土をネットワークで結んでいます。必要と判断されれば緊急対応車両(SMUR)や搬送車が出動します。SMURには救命救急機器が装備され、医師が同乗していますので、救急車内で必要な治療を開始することが可能です。民間の救急車や患者搬送車の利用は有料となります。歯科については、パリの場合、SOS Dentaireへ必ず予約(電話:01 43 37 51 00 / 01 43 36 36 00)をして受診してください(住所 87, boulevard Port-Royal, 75013)。休日でも受け付けています。

※往診などについて

 往診を依頼する時は、SOS Medecins(SOS メドゥサン、電話:36 24 / 01 47 07 77 77)に連絡してください。夜間・休日の往診にも応じています。パリ市内でしたら、Urgences Medicale de Paris(電話:01 53 94 94 94)でも受け付けます。眼科は、SOS Ophthalmologie(電話:01 47 07 64 64)が受け付けています。

 歯科の往診システムはありません。

医療機関

◎パリ及び近郊

■救急施設(24時間対応、順不同)
(1)American Hospital of Paris(アメリカンホスピタル)
所在地:63, boulevard Victor Hugo, 92200 Neuilly sur Seine(ヌイイ)
電話:01 46 41 25 25(代表 24時間)
   01 46 41 25 15(日本人セクション、9時~18時)
概要:総合病院。但し、小児救急はありません。必要な場合、日本人セクションで通訳サービスが受けられます(無料、平日のみ)。
(2)Necker-Enfants Malades病院(オピタル ネッケール・アンファン・マラドゥ)
所在地:149-161, Rue de Sevres, 75015
電話:01 44 49 40 00
概要:小児科中心の総合病院。24時間体制の救急部門(Service d’urgences)があります。
■外来・診療所(日本語で受診が可能なところ。順不同)

 在フランス日本国大使館のホームページにて情報更新を行っています。
 ホームページ:https://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/iryo/nihongoishi.html別ウィンドウで開く

 ※受診する際は、必ず電話予約してください。

(1)American Hospital of Paris(入院設備あり)
所在地:63, boulevard Victor Hugo, 92200 Neuilly sur Seine(ヌイイ)
電話:01 46 41 25 15(日本人セクション、9時~18時)
概要:総合病院。日本人医師(三村佳弘医師、内科・皮膚科、直通電話:01 46 41 26 16)が診療を行っています。また、日本人セクションの無料通訳サービスを利用することにより、各科専門医の診療も日本語で相談することができます。健診センターでは日本語による健康診断・人間ドックを受けることができます(健診センター日本語対応 電話:01 46 41 25 62)。
(2)太田博昭医師(大使館顧問医)
精神科(精神療法、心の健康相談)
所在地:59, Boulevard Victor 75015 Paris
電話:01 45 33 27 83
(3)イナズマ医師 Dr. Brigitte BRAHAMSHA-INAZUMA
針灸治療
所在地:47, Rue Bonaparte 750106 Paris
電話:01 46 34 69 97
(4)ドウィエブ医師 Dr. Patrick DOUIEB
産婦人科
所在地:65, bis, Avenue Victor Hugo 92100 Boulogne-Billancourt
電話:01 46 03 37 24
(5)近藤 毅 医師 Dr. Takeshi KONDO
循環器内科
所在地:55, Avenue du Maine 75014 Paris
電話:01 42 79 03 81
(6)谷村レミー医師  Dr. Remy TANIMURA
歯科(インプラントの症例数多数)
※予約受付の秘書は仏/英語。電話番号を伝えれば医師が折り返し連絡。
所在地:8, Place du Général Catroux 75017 Paris
電話:01 56 33 39 00
診察時間:月~金曜日9時~13時、14時~19時
■空港クリニック
(1)シャルルドゴール空港 Roissy-Charles de Gaulle Centre Medical
所在地:Terminal 2F, Niveau arriv é e(到着階), porte 17
年中無休 診察時間:8時~20時
電話:01 74 25 12 12
※各種ワクチンの接種可能
(2)オルリー空港 Orly Ouest Centre Medical
所在地:Orly1, Niveau arriv é e(0階), porte 10a
電話:01 49 75 45 12
年中無休 診察時間:24時間
※各種ワクチンの接種可能

9 その他の詳細情報入手先

(1)在フランス日本国大使館:https://www.fr.emb-japan.go.jp/別ウィンドウで開く

10 現地語一口メモ

 「世界の医療事情」の冒頭ページの一口メモ(もしもの時の医療フランス語)をご参照ください。

11 新型コロナウイルス関連情報

 流行状況、入国時のルール(滞在許可のある邦人は、日本からの入国に制限はない:2020年9月6日現在、等)、滞在中のルール(公共施設でのマスク着用の義務、等)は、都度変更されます。最新の情報をフランス当局や当館領事部のホームページで確認ください。


Get Adobe Reader(別窓が開きます) Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAcrobat Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

このページのトップへ戻る
世界の医療事情へ戻る