外務省
 ホームトップアジア大洋州北米中南米欧州(NIS諸国を含む)中東アフリカ
 
◆国・地域の詳細情報 (平成29年1月更新情報)

国・地域名:大韓民国
教育委員会・教育担当
行政機関等の名称
および連絡先
教育部
世宗特別自治市 ガルメ路408, 14棟 政府世宗庁舎 教育部
TEL:+82-2-6222-6060  FAX:044-203-6133, 6144(祝日、夜間)
設置在外教育施設 ソウル日本人学校釜山日本人学校                  
●現地の教育の概要と特色
学校制度 6・3・3・4制
義務教育期間 6歳〜15歳(小学校第1学年〜中学校第3学年)
学校年度 3月1日〜2月末日
学期制 1学期 3月1日〜7月
2学期 8月下旬〜2月末日
就学年齢基準日 児童が満6歳になる日が属している年の翌年の3月1日に小学校に入学する。
教育概要・特色 韓国の学校制度は日本と同じ6・3・3・4制であるが、学校年度は3月から翌年2月までであり、2学期制が採られている。
伝統的に学問を重視する社会風土があり、現在も受験競争や私教育費等が社会問題になっている。 一方、教員の社会的地位は高いものとなっている。 カリキュラムについては我が国の学習指導要領と同様の性格を持つ「教育課程」を政府が定めている。PISA,TIMSSといった国際学力調査においては世界でも上位の成績である。 また情報インフラの整備が進んでおり、小中学校におけるデジタル教科書や外国語教育におけるICTを利用した授業が積極的に展開されている。
大学進学率は70.8%。
●現地の学校段階別教育の概況
1.就学前教育
就学前教育機関には幼稚園があり、対象年齢・期間は満3歳から小学校就学まで。授業料・保育料は無償である。なお、保育施設として「オリニチプ」があり、教育課程は幼保共通となっている(「ヌリ課程」)
2.義務教育
義務教育は、小学校(満6歳〜)から中学校(〜満15歳)まで。小学校及び中学校は原則として無償教育である。
義務教育の学校段階
種類および就学状況
小学校:満6歳〜12歳、1年生〜6年生、就学率98.5%
中学校:満12歳〜15歳、1年生〜3年生、就学率96.3%
カリキュラム・教授言語 教授言語は、原則として韓国語である。外国語の授業の一部は、当該外国語で行われている。
義務教育段階の学費 授業料:公立は無償
その他の費用(給食費、副教材費、研修旅行費など)の負担については各市道によって異なる。
スクール
インフォメーション
 
3.義務教育以降
学校段階・種類 幼稚園:満3歳〜5歳、1年生〜3年生 小学校:満6歳〜11歳、1年生〜6年生 中学校:満12歳〜14歳、1年生〜3年生 高等学校:満15歳〜18歳、1年生〜3年生 大学:満18歳〜、1年生〜4年生
専門大学:満18歳〜、1年生〜2年生
進学状況 高等学校への進学率は99.8%。4年生大学進学率は70.8%。いずれも最近5年間は同水準。
●現地の学校への日本人の就学状況
日本人の就学状況 日本人学校へ就学のほか、インターナショナルスクールへ就学もある。
外国人に対しての
特別な学費負担
なし
外国人の就学義務 なし
外国人に対する
言語特別指導
不明(各学校ごとに異なる。)
入・編入学手続き 通学を希望する学校へ要問い合わせ。
このページのトップへ戻る

Copyright(C):The Ministry of Foreign Affairs of Japan