世界の医療事情

オーストラリア

平成28年10月

1 国名・都市名(国際電話番号)

 オーストラリア連邦(首都特別地域/キャンベラ)(国際電話国番号61)

2 公館の住所・電話番号

在オーストラリア日本国大使館 (毎週土日休館)
住所:Embassy of Japan, 112 Empire Circuit, Yarralumla, ACT 2600, Australia
電話:+61 02 6273 3244,FAX:+61 02 6273 1848
ホームページ:http://www.au.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html別ウィンドウで開く

(注)土日以外の休館日は暦年ごとにホームページにて案内していますので,ご覧ください。

4 衛生・医療事情一般

 オーストラリアは,先進国であり,衛生状況,風土病,特殊な感染症など,日本からの渡航者にとって特別な注意を要する状況はありません。また,医療機関内はどこも清潔で,受付や看護師等医療従事者も親切に接してくれます。しかし,医療システムは,日本を含めた他国と大きな相違があります。渡航中に体調不良が生じた場合や治療中の病気を持ったまま渡航した方が医療を受ける際には,当国の制度に従い医療機関を受診することになります。

 医療を受けるには,まず,GP(General Practitioner/総合診療医)の受診が必要です。風邪や腹痛,外傷,妊娠等々すべてGP受診から医療が始まります。日本で既に専門性の高い病気の診断を受け,治療・投薬や経過観察の指針が定まっている方であっても,同様です。GPの門を叩くところから始める必要があります。血液検査やレントゲンも同様で,患者が血液検査を希望しても,GPがその必要性を認め,血液等検査機関(当地名はPathology)やレントゲン等画像診断施設(当地名はImaging)に依頼状を作成してもらわないと検査が受けられません。GPが入院や手術,専門性の高い治療が必要と判断すると,病院(一部開業の専門医もいます)に紹介され,専門的な医療を受けることができます。

 例外として,救急の病状については,公立病院の一部門である救急部(当地名はED/Emergency Department)を患者が自ら,或いは救急車で受診が可能です。このEDは,24時間オープンとなっています。受付の後,急患振り分け専門看護師の診察を受けます。この看護師が,救急でない,或いは待機に支障がないと判断すると,EDで診てもらえない,或いは,急患より後回しとなり,極めて長い時間の待機となってしまいます。以下に当地病院EDで一般的に救急と判断される病状を例示します。意識障害,血圧低下,吐血・喀血・下血等の出血,外傷などで大きな血管の破綻を主因とする出血,精神の急激な不調,などです。なお,一般的創傷,骨が露出するなど重大な状況でない骨折,眼・耳・鼻の外傷や疾病,成人の発熱,特別な兆候のない腹痛は,待機或いは翌日治療可能と判断される例が多いようです。

 他方で,薬剤師に一定の権限が与えられています。GPを受診しなくても,薬剤師のいる薬局(Chemistryと言います)で,病状を相談すると,薬剤師処方薬という範疇の薬を勧めてくれます。風邪薬(咳止めを含む),解熱剤,鎮痛剤,抗アレルギー薬,消化器薬,ステロイド剤を含まない皮膚用の薬などです。なお,抗菌薬や心臓の薬,向精神薬,麻薬成分の含まれる医薬品の購入には医師作成の処方箋が必須です。

5 かかり易い病気・怪我

 特にかかりやすい病気というようなものはありませんが,オーストラリア首都特別州/キャンベラは,乾燥が強いため,これに伴う皮膚の疾病が多い傾向にあります。また,統計上オーストラリア人には皮膚癌が多くなっています。原因として,紫外線が強いためと言われています。長期滞在邦人や永住者が,日本に住む方に較べて特別皮膚癌が多いとのデータはありませんが,日差しから皮膚を守る様にしてください。

6 健康上心がける事

 天候の変化が激しく,乾燥していることから,夏(12月-2月)は熱中症や脱水,冬(6月-8月)は風邪に注意が必要です。冬季は南半球流行型インフルエンザが流行ることもあります。また,9月-10月頃には,花粉症に悩まされる人もあります。芝花粉が原因と言われています。GP或いは薬局に相談してください。

7 予防接種(ワクチン接種機関を含む)

 現地のワクチン接種医療機関等についてはこちら(PDF)別ウィンドウで開く

(1)赴任者に必要な予防接種

 成人については特にありません。小児で長期滞在する場合は,オーストラリアの接種スケジュールに従って,接種していないものを受けてください。

(2)小児定期予防接種一覧

(ア)11才未満の児童の場合

 オーストラリアおける小児予防接種のプログラムは次の通りです。

オーストラリアおける小児予防接種のプログラム
  1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目
B型肝炎(注) 生後 2ヶ月 4ヶ月 6ヶ月    
ジフテリア(注) 2ヶ月 4ヶ月 6ヶ月 18ヶ月 4歳 中1
破傷風(注) 2ヶ月 4ヶ月 6ヶ月 18ヶ月 4歳 中1
百日咳(注) 2ヶ月 4ヶ月 6ヶ月 18ヶ月 4歳  
急性灰白髄炎/ポリオ(注) 2ヶ月 4ヶ月 6ヶ月 4歳    
インフルエンザ菌b型(Hib)(注) 2ヶ月 4ヶ月 6ヶ月 1歳    
肺炎球菌 2ヶ月 4ヶ月 6ヶ月      
ロタウイルス 2ヶ月 4ヶ月        
麻疹 1歳 18ヶ月        
おたふく風邪 1歳 18ヶ月        
風疹(MMR) 1歳 18ヶ月        
C型髄膜炎菌 1歳          
水痘(MMRV) 18ヶ月          
水痘帯状疱疹 中1          
ヒト・パピロ-マウイルス(HPV) 中1          

(注)通常は混合ワクチンで接種

 これらの予防接種は外国人でも受けられます。4才以上の児童で,接種回数等が満たない場合も同様に接種してもらえます。各地域のヘルス・コミュニティー・センターでの接種(要予約)は無料。市内各所のコミュニティーヘルスセンターの予約先:02 6207 9977。プログラムや接種について,GPに相談することも可能(有料になります)です。相談および接種時に、過去の予防接種記録(英語の記載)が必要となります。母子手帳等予防接種記録に英語の表記があればそれで構いません。
接種時期の詳細は次のNational Immunization Programを参照ください。
http://www.immunise.health.gov.au/internet/immunise/publishing.nsf/Content/national-immunisation-program-schedule別ウィンドウで開く

(イ)11才以上の児童の場合

 現地校の6年生と9年生で集団接種の機会があり,年齢に応じて必な追加ワクチンを無料で受けられます。その他任意接種については下記の成人の場合と同じです

(3)成人の場合

 GPおよび前述コミュニティーヘルスセンターで有料の接種が可能です。また,各種ワクチン類を持つ海外旅行者等向けの予防接種センターもあります。

The Travel Doctor-TMVC Canberra/ 1 Childers Lane, Acton, ACT,電話:02 6222 2300

8 病気になった場合(医療機関等)

 前述の通り,医師の診察を受けるには,緊急の場合を除き,GPに予約を取り,受診する必要があります。専門医にかかりたい場合でも,GPに紹介状をもらわないと受け付けてもらえません。専門医の予約を取り付けるには,2週間~数ヶ月かかることもあります。他方で,時間外医療(GPなど)や救急患者受け入れ体制が整備されています。

(1)GP(General Practice

 受診には事前の予約が必要になります。予約および診療は,通常は平日(月から金曜日)の8時30分から17時となります。一部GPは,土曜日の午前中も開院しています。季節により変わることもありますので,事前にお問い合わせください。

(ア)キャンベラ北部

Belconnen Medical Centre
所在地:Shop 106 Level 1 Westfield Shopping Town Belconnen, ACT
電話:02 6251 8898
Ginninderra Medical and Dental
所在地:Nettlefold St, Belconnen, ACT
電話:02 6112 7111
Tristar Medical Group(Bruce)
所在地:11/100 Eastern Valley Way, Bruce, ACT
電話: 02 6253 5444
Tristar Medical Group (Gungahlin)
所在地:3/83 Gozzard St, Gungahlin, ACT
電話: 02 6241 9100
Gungahlin Family Healthcare
所在地:2 Franz Bormann Close, Gungahlin, ACT
電話: 02 6133 2300
The Gungahlin Medical and Surgical Centre
所在地:Shop 35, Coles Gungahlin Village, Gungahlin Place East, Gungahlin, ACT
電話: 02 6241 5556
Scullin Medical Practice
所在地:4 Scullin Pl, Scullin, ACT
電話: 02 6278 3488

(イ)キャンベラ南部

The Barton General Practice
所在地:Unit 2, 3 Sydeny Avenue, Barton, ACT
電話: 02 6295 0424
Yarralumla Surgery
所在地:1/18 Bentham Street, Yarralumla, ACT
電話: 02 6282 3899
Deakin Medical Centre
所在地:1/10 Thesiger Cr, Deakin, ACT
電話: 02 6285 2500
Philip Medical & Dental Centre
所在地:33 Colbee Ct, Phillip, ACT,
電話: 02 6112 7000
Kambah Medical Centre
所在地:37 Jenke Circuit, Kambah, ACT
電話: 02 6231 6068
Hyperdome Medical Centre
所在地:Cnr Anketell and Reed Street Tuggeranong, ACT
電話: 02 6293 3233

(2)時間外診療

(ア)CALMS(Canberra After Hours Locum Medical Service

http://www.calms.net.au別ウィンドウで開く

 GPの診療終了後と週末に診療を行う代替制度です。診察は予約が必要です。
予約と診察の方法:電話1300 422567に予約します。平日は18時以降に予約,診察は20時以降から深夜。土日と休日は8時以降に予約,診察は10時から23時まで。電話で指示された施設(下記何れか)に出向きます。

施設
Calvary Hospital
所在地:Mary Potter Cct., Bruce,Day Services Building
The Canberra Hospital
所在地:Yamba Drive, Garran/Pre Admission Clinic, Building12, Emergency Department Entrance
Tuggeranong Health Centre
所在地:Greenway Waters Suites, Corner Anketell and Cowlishaw Streets,Tuggeranong

(イ)Walk-in Centre

http://www.walkincentre.act.gov.au別ウィンドウで開く

 下記2施設で,予約なしで切創などの軽い怪我,風邪程度の軽い病気を看護師が診療してくれます。2歳未満の乳幼児は適応外,また,処方箋の発行はしません。7時30分から22時まで(無休)。連絡先は,共通で,電話013 2281。

施設
Belconnen Walk-in Centre
所在地:Belconnen Community Health Centre, 56 Lathlain Streets, Belconnen, ACT
Tuggeranong Walk-in Centre
所在地:Crn. Anketell and Pitman Street, Tuggeranong, ACT

(3)救急医療

 電話「000」(警察および消防と共通番号)にて救急車を依頼(有料)するか,公立病院の一部門である救急部(ED/Emergency Department)を患者が自ら受診します。キャンベラ内にEDのある病院は下記2病院のみになります。

救急車依頼電話番号
「000」
The Canberra Hospital
所在地:Yamba Drive, Garran, ACT
電話:02 6244 2222
Calvary Hospital
所在地:Belconnen Way, Bruce, ACT
電話:02 6201 6111

 なお,救急車を無料で利用できる日本とは異なり,オーストラリアでは有料です。救急医療を受診する場合の医療費は高額になりますが,さらに救急車利用料として多額の料金を請求されます。特に,夜間・休日は高くなります。救急医療の全てをカバーした保険に加入しておく必要があります。

9 その他の詳細情報入手先

(1)在オーストラリア日本国大使館 ホームページ,生活安全情報:
http://www.au.emb-japan.go.jp/itpr_ja/consulate.html別ウィンドウで開く

(2)オーストラリアの医療システム(英語):
http://ourhealth.org.au/find-your-way/you-and-health-system/useful-information/understanding-australian-health-system#.WCpinU8krZ6別ウィンドウで開く

(3)オーストラリア保健省,疾病情報(英語):
http://www.health.gov.au/internet/main/publishing.nsf/Content/Conditions+and+Diseases-1別ウィンドウで開く

(4)ACT(首都特別地域)における保健と医療(英語):
http://www.health.act.gov.au/別ウィンドウで開く

(5)キャンベラ•ジャパン•クラブ(CJC)/ホームページ,キャンベラ暮らしの便利帳:
http://canberrajapanclub.org.au/%e6%9a%ae%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%ae%e4%be%bf%e5%88%a9%e5%b8%b32016/別ウィンドウで開く

(6)オーストラリア政府税関・検疫,医薬品の持ち込み(英語):
http://www.border.gov.au/Busi/cargo-support-trade-and-goods/importing-goods/prohibited-and-restricted別ウィンドウで開く


Get Adobe Reader(別窓が開きます) Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAcrobat Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

このページのトップへ戻る
世界の医療事情へ戻る