ブルネイ・ダルサラーム国

岸田外務大臣とリム・ジョクセン・ブルネイ首相府大臣兼第二外務貿易大臣との会談

平成28年7月25日

英語版 (English)

本25日10時50分から約25分間(現地時間),ASEAN関連外相会議出席のため訪問中のラオス・ビエンチャンにおいて,岸田文雄外務大臣はリム・ジョクセン・ブルネイ首相府大臣兼第二外務貿易大臣(Pehin Orang Kaya Pekerma Dewa Dato Seri Paduka Lim Jock Seng, Minister at Prime Minister's Office and Second Minister of Foreign Affairs and Trade of Brunei Darussalam)と会談したところ,概要は以下のとおりです。

1 冒頭,岸田大臣から,日ASEAN外相会議の共同議長として,リム大臣と協力したい,対日調整国であるブルネイと,二国間関係のみならず,日ASEAN関係の進展のために連携を強化していきたい旨述べました。これに対し,リム大臣から,日本はASEANにとって最も古いパートナーの一国である,ASEAN諸国の発展に日本が多くの貢献をしてきたことに対して感謝したい,特に,人的交流の分野における協力に感謝したい,今後も対日調整国として日本と緊密に連携していきたいと述べました。 

2 また,両大臣は,拉致問題を始めとした北朝鮮の人権問題や比中仲裁裁判を含む南シナ海問題についても意見交換を行いました。

このページのトップへ戻る
ブルネイ・ダルサラーム国へ戻る