報道発表

トンガにおける防災体制強化のための支援

平成30年5月16日

  1. 1 本16日,東京において,我が方中根一幸外務副大臣と先方セミシ・キオア・ラフ・シカ・トンガ王国副首相兼社会基盤・観光大臣(Hon. Semisi Kioa Lafu Sika, Deputy Prime Minister , Minister for Infrastructure and Tourism of Kingdom of Tonga)との間で,28億3,700万円を供与限度額とする無償資金協力に関する書簡の交換が行われました。

    2 この協力は,トンガ全土において,防災無線システム,音響警報システム及びトンガ放送委員会の放送局の機材・施設の整備を支援することにより,同国の防災体制の強化を図り,同国の持続可能な発展に寄与するものです。

    3 トンガは,その地理的環境から,サイクロンや地震の脅威に晒され,またそれに伴う津波発生リスクが高い環境にあるものの,トンガ気象局から情報配信機関や住民への情報伝達に必要な機器が不備であるほか,トンガ放送委員会放送局の設備老朽化等により,離島への連絡体制がハード・ソフト面共に整備が不十分であるなど,住民避難等にかかる対策に遅れが出ています。今般の協力を通じて,住民への津波警報到達所要時間が最大90分から8分以下に,津波ハザード地域におけるサイレン音到達人口が約1万3千人から約6万7千人に改善すると見込まれており,トンガの防災体制の強化に貢献することが期待されます。

    4 トンガを含む太平洋島嶼国との間で平成30年5月18,19日に開催される第8回太平洋・島サミットにおいても,太平洋島嶼国の持続可能な発展等について議論されます。

    [参考]トンガ王国基礎データ
     トンガ王国は,面積720平方キロメートル(対馬とほぼ同じ),人口約11万人(2016年,世界銀行),1人当たり国民総所得(GNI)は4,060米ドル(2016年,世界銀行)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る