報道発表

ジブチの海洋安全保障能力向上のための支援
(無償資金協力「経済社会開発計画」)

平成30年2月26日

  1. 1  本26日(現地時間同日),ジブチ共和国の首都ジブチにおいて,米谷光司駐ジブチ大使とマハムッド・アリ・ユスフ・ジブチ共和国外務・国際協力大臣兼政府スポークスマン(H.E. Mr. Mahmoud Ali Youssouf, Minister for Foreign Affairs and International Cooperation of the Republic of Djibouti, Spokesman of Government)との間で,1億5,000万円を供与額とする海洋安全保障分野における無償資金協力「経済社会開発計画」に関する書簡の交換が行われました。

    2 ジブチでは,沿岸警備隊が2010年に創設され,領海である紅海入口の沿岸域を始めとした広大な海域における海上保安活動を担っているものの,海上での違法行為は,海賊・武装強盗事件にとどまらず,不法移民等の密航や密貿易,沿岸漁業に影響を与える密漁,海難事故,船舶火災,廃棄物の海洋投棄など多岐に亘っているため,同沿岸警備隊では船舶機材等が不足しています。
     この協力は,ジブチ政府に対し海上監視のための船舶機材等を供与することにより,テロ対策や沿岸警備体制の強化を図り,もって同国の海洋安全保障に寄与するものです。

    3 我が国は,第6回アフリカ開発会議(TICAD VI)において,平和と安定の実現に向けた基礎作りのための支援を表明(PDF)別ウィンドウで開くしており,本件協力は同表明を具体化するものです。

    [参考]ジブチ共和国基礎データ
     ジブチ共和国は東アフリカの「アフリカの角」地域に位置し,面積は約2万3,000平方キロメートル(四国の1.3倍),人口は約94万人(2016年,世界銀行),一人当たり国内総生産(GDP)は約1,903米ドル(2016年,IMF)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る