報道発表

カンボジアに対する無償資金協力に関する書簡の交換

平成29年12月20日

  1. 1 本20日(現地時間同日),カンボジア王国の首都プノンペンにおいて,我が方堀之内秀久駐カンボジア大使と先方プラック・ソコン上級大臣兼外務国際協力大臣(H.E. Mr. PRAK Sokhonn, Senior Minister, Minister of Foreign Affairs and International Cooperation)との間で,供与限度額31億7,000万円を限度とする無償資金協力「教員養成大学建設計画」に関する交換公文の署名が行われました。

    2 この計画は,カンボジア政府が,首都のプノンペンと北西部の主要都市バッタンバン州において,カンボジア初となる小・中学校の教員養成大学を建設するための資金を無償にて供与するものです。

    3 カンボジアは,過去の内戦の影響等による人材不足の解消のため,人的資源確保を国家の重要課題とし,教員を教育の質を左右する重要な要素と位置付けています。この計画により,現在の2年制の小・中学校の教員養成課程が4年制化され,2023年(事業完成3年後)には4年制養成課程在籍者数が年間2,720名にまで増加する見通しです。この協力により,質の高い教員の養成を通じた基礎教育の質の改善が期待されます。

    4 本件は,2015年7月の第7回日メコン首脳会議安倍総理大臣から表明した,メコン地域に対する今後3年間で7,500億円の支援(PDF)別ウィンドウで開くの一環です。また,2015年11月のASEAN関連首脳会議において安倍総理大臣から表明した,産業人材育成協力イニシアティブにも合致したものです。

    [参考]カンボジア王国基礎データ
     カンボジア王国は,面積約18万1,000平方キロメートル(日本の約0.48倍)を有し,人口1,558万人(2015年,世界銀行),人口一人あたりの国民総所得(GNI)は1,140ドル(2016年,世界銀行)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る