報道発表

河野外務大臣とジュベイル・サウジアラビア外務大臣との電話会談

平成29年12月6日

  1. 1 本6日,午後8時40分から約15分間,河野太郎外務大臣は,アーデル・ビン・アフマド・アル・ジュベイル・サウジアラビア王国外務大臣(H.E. Mr. Adel bin Ahmed Al-Jubeir,Foreign Minister of the Kingdom of Saudi Arabia)との間で電話会談を行い,イエメン情勢やエルサレム問題を含めた中東地域情勢について意見交換を行いました。

    2 イエメン情勢に関して,河野大臣からは,最近のイエメン情勢を踏まえ,人道状況悪化への懸念を伝達しつつ,解決に向けたサウジアラビアの取組に期待しており,対話を通じた政治的解決が重要である旨を述べました。また,情勢の安定に向け,日本としても協力していきたい旨述べました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る