報道発表

平成29年度日豪草の根交流計画
オーストラリア人元戦争捕虜関係者の招へい

平成29年12月5日

英語版 (English)

  1. 1 「日豪草の根交流計画」は平成9年度に開始され,これまでに120名のオーストラリア人元戦争捕虜やご家族の方々等を日本に招へいし,未来に繋がる日・オーストラリア間の「心の和解と交流」を促進してきました。

    2 本年度の「日豪草の根交流計画」では,本5日から9日まで,これまでにこの計画の実施に多大な貢献があった全豪退役軍人会関係者3名を日本に招へいします。

    3 昨今,訪日できる元戦争捕虜の方々が少なくなってきたことを踏まえ,全豪退役軍人会とも相談の結果,ここで一区切りをつけ,12月7日に東京において「日豪草の根交流計画」の成果を振り返る記念事業を開催することとしました。今回訪日する全豪退役軍人会関係者一行はこの記念事業に出席します。

    4 一行は滞在中,記念事業への出席の他,外務省や保土ケ谷英連邦戦没者墓地等を訪問するとともに,日本文化体験を行います。

    [参考]日豪草の根交流計画事業実績
     平成9年度から17年度まで,本件計画事業(第一次)として,元戦争捕虜を含む退役軍人関係者計59名を招へい。平成22年度から本件計画事業(第二次)を開始し,毎回3~5名の元戦争捕虜及び各付添人を招へい。今般の被招へい者を含め,累積で計123名を招へい。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る