報道発表

滝沢外務大臣政務官の「ウクライナの改革に関するロンドン会議」出席

平成29年7月3日

  1. 1 7月5日から6日まで滝沢求外務大臣政務官は,英国を訪問し,6日にロンドンで開催される「ウクライナの改革に関するロンドン会議」に出席する予定です。

    2 この会議は,ウクライナの喫緊の課題である汚職対策や司法改革等の国内改革をテーマとして,英国及びウクライナ両政府が共催するものです。ウクライナは,この機会を通じ,国際社会に対して,2014年以降に同国が進めてきた改革の成果を説明するとともに,今後の中期的な改革戦略を発表する予定です。また,今回の会議では,国際社会がウクライナの改革を継続的に支援していく必要性を再確認する見込みです。

    3 英国及びウクライナ両政府は,今回の会議にG7各国のほか,EU及びNATO加盟国,国際機関等の代表者を招待しています。また,英国からは,ボリス・ジョンソン外務・英連邦大臣(The Rt. Hon. Boris JOHNSON MP, Secretary of State for Foreign and Commonwealth Affairs of the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland),ウクライナからは,ヴォロディミル・フロイスマン首相(H.E. Volodymyr GROYSMAN, Prime Minister of Ukraine),パウロ・クリムキン外務大臣(H.E. Pavlo KLIMKIN, Minister for Foreign Affairs of Ukraine)が参加する予定です。

    4 滝沢政務官は,この会議において,ウクライナの国内改革及び我が国の対ウクライナ支援に関してステートメントを行う予定です。

    5 また,滝沢政務官は,訪問中,英国政府関係者と会談し,二国間関係やウクライナ問題を始めとする国際社会の共通の課題について意見交換を行う予定です。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る