報道発表

日・ジョージア外相会談

平成29年6月2日

英語版 (English)

  • 日・ジョージア外相会談1
  • 日・ジョージア外相会談2
  1.  本2日午前10時25分頃から約35分間,岸田文雄外務大臣は,訪日中のミヘイル・ジャネリゼ・ジョージア外務大臣(H.E. Mr. Mikheil JANELIDZE, Minister of Foreign Affairs of Georgia)と外相会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

    1 岸田大臣より,日・ジョージア外交関係樹立25周年の節目にジャネリゼ外務大臣を日本にお迎えでき嬉しい旨述べた上で,我が国は民主主義,自由,人権,法の支配といった普遍的価値を共有するジョージアとの関係を重視している旨述べました。

    2 ジャネリゼ外務大臣より,日本がジョージアに行ってきた政治・財政・技術的支援に謝意を述べるとともに,今後の二国間関係を新たな段階に引き上げたい旨発言がありました。また,国際協力機構(JICA)のジョージア支所開設を歓迎する旨併せて言及がありました。

    3 双方は両国関係を強化するため,投資協定交渉を正式に開始することで一致するとともに,経済関係・経済協力を含む二国間関係の強化及び国際場裡における協力につき意見交換を行いました。

    4 北朝鮮問題について両大臣は,国際社会が一致して圧力をかける必要があることに一致し,拉致問題についてジャネリゼ外務大臣から日本を全面的に支持する,との発言がありました。また,南オセチア及びアブハジア問題等についても意見交換を行いました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る