報道発表

2025年国際博覧会開催国への立候補

平成29年4月24日

英語版 (English)

  1. 1 本24日(現地時間同日),木寺昌人駐フランス大使がパリの博覧会国際事務局(BIE)を訪問し,2025年国際博覧会開催国への立候補表明文書である内閣総理大臣書簡日本語(PDF)別ウィンドウで開く英語(PDF)別ウィンドウで開く)をビセンテ・ゴンザレス・ロセルタレスBIE事務局長(Mr.Vicente Gonzalez Loscertales,Secretary General of the Bureau International des Exhibitions)に提出しました。

    2  なお,この提出には,榊原定征2025日本万国博覧会誘致委員会会長(日本経済団体連合会会長)及び松井一郎同会長代行(大阪府知事)が同席しました。

    (参考1)2025年国際博覧会の大阪誘致について

     2016年12月より,経済界代表や各界の有識者,地方自治体の代表者等が「2025年国際博覧会検討会」で検討を行った結果,報告書がとりまとめられました。この報告書を踏まえ,4月11日に「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマとし,立候補と開催申請を行うことが閣議了解されました。

    (参考2)2025年国際博覧会検討会報告書概要

    1 テーマいのち輝く未来社会のデザイン
    2 サブテーマ多様で心身ともに健康な生き方
    持続可能な社会・経済システム
    3 開催場所大阪府大阪市夢洲地区
    4 開催期間2025年5月3日~11月3日(185日)
    5 入場者規模(想定)約2,800万人~3,000万人
    6 会場建設費(想定) 約1,250億円
    7 経済波及効果(試算値)建設費関連  約0.4兆円
    運営費関連   約0.4兆円
    消費支出関連  約1.1兆円

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る