報道発表

薗浦外務副大臣の第22回カリブ諸国連合閣僚会議への出席(結果)

平成29年3月11日

  1.  3月11日(現地時間3月10日),薗浦健太郎外務副大臣は,キューバを訪問し,第22回カリブ諸国連合(ACS)閣僚会議に出席したほか,キューバ政府関係者等と意見交換を行ったところ,概要は以下のとおりです。

    1 第22回カリブ諸国連合(ACS)閣僚会議出席

    (1)カリブ諸国連合(ACS)閣僚会議は, ACS加盟国による地域協力に関する政策対話を目的とした定例の会合であり,第22回会合には,スーマーACS事務局長,ACS加盟国25か国の外相等が出席しました。開会式にはラウル・カストロ・ルス・キューバ国家評議会議長(H.E. Mr. Raúl CASTRO RUZ, President of the Council of State of the Republic of Cuba)が出席しました。

    (2)日本のACSオブザーバー国入りは,昨年9月安倍晋三内閣総理大臣が表明(PDF)別ウィンドウで開くし,この会合にて承認されました。会合で薗浦副大臣からは,日本は,基本的価値観を共有する重要なパートナーであるACS諸国と,日本の「対中南米政策の3つの指導理念」である「共に発展」,「共に主導」,「共に啓発」を進めていく決意を表明しました(ステートメント仮訳(PDF)別ウィンドウで開く英文(PDF)別ウィンドウで開く)。

    (3)薗浦副大臣とジューン・スーマー・カリブ諸国連合(ACS)事務局長(H.E. Dr. June Soomer, Secretary General of the Association of Caribbean States)の会談では,薗浦副大臣から,日本は防災,環境,エネルギー,気候変動分野を中心に各国と共働していくとともに,国際場裏においてもACS加盟国と連携していきたい旨述べました。スーマー事務局長からは,日本のオブザーバー加盟を歓迎し,日本と協力していきたいとの発言がありました。

    (4)また,薗浦副大臣は,マリア・アンヘラ・オルギン・クエジャル・コロンビア外務大臣(H.E. Ms. María Ángela HOLGUÍN CUÉLLAR, Minister of Foreign Affairs of the Republic of Colombia),カルロス・ラウル・モラレス・モスコソ・グアテマラ外務大臣(H. E. Mr. Carlos Raúl Morales Moscoso, Minister of Foreign Affairs of the Republic of Guatemala),マキシーン・マクレーン・バルバドス外務・外国貿易大臣(Senator The Hon. Maxine MCCLEAN, Minister of Foreign Affairs and Foreign Trade of Barbados)とそれぞれ会談し,二国間の特に経済関係の強化,中米カリブ地域及び国際社会における協力等について意見交換しました。

     

    2 キューバ政府要人との会談

    (1)ロドリゴ・マルミエルカ・ディアス外国貿易・外国投資大臣(H. E. Mr. Rodrigo Malmierca Díaz, Minister of Foreign Trade and Foreign Investment of the Republic of Cuba)
     2016年11月の日・キューバ官民合同会議で薗浦副大臣とともに共同議長を務めたマルミエルカ外国貿易・外国投資大臣との会談では,投資協定締結交渉の早期開始,二国間の中長期経済アジェンダ策定,国際協力機構(JICA)事務所の開設に向けて協力していくことを確認しました。また,マルミエルカ大臣からは,2018年早期のハバナでの第三回日・キューバ官民合同会議の開催提案があり,薗浦副大臣からは,同会議の具体的成果を目指し,情報開示,法的透明性の向上等,キューバ側の協力を要請しました。
     なお,会談後,薗浦副大臣とマルミエルカ大臣との間で,キューバの農業開発と経済社会開発計画を支援するための無償資金協力2件の交換公文が署名されました

    (2)ロヘリオ・シエラ・ディアス外務次官(Mr. Rogelio Sierra Díaz, Viceminister of Foreign Affairs of Cuba)との会談
     シエラ外務次官との会談では,2016年9月の日・キューバ首脳会談の成果等について確認しつつ,経済や開発協力の他,安保理改革等の国際社会の課題の解決に向けて協力していくことで一致した他,東アジアの諸課題についても意見交換をしました。シエラ次官からは,ACS加盟国は日本のオブザーバー国入りを歓迎する旨,薗浦副大臣からはオブザーバー国入りを機に気候変動,防災,カリブ地域の連結性の改善等において協力していきたい旨述べました。

    3 その他

    (1)薗浦副大臣は,日系人の代表とキューバの日系社会の現状,2018年の日本キューバ移住120周年等について意見交換を行い,ハバナ市内の日系人慰霊堂を参拝しました。

    (2)また,キューバ進出日本企業関係者との懇談では,キューバとのビジネスの現状と課題,各企業の関心分野,ビジネス等について意見交換を行いました。

    (3)今次訪問に際して経由したメキシコでは,2月15日にメキシコ直行便を就航した全日空のオペレーションを視察した他,元国費留学生の代表と日本での留学経験等について意見を交わしました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る