報道発表

岸田外務大臣とマルムストローム欧州委員(貿易担当)との電話会談

平成28年12月20日

英語版 (English)

  1.  本20日午後4時50分から約20分間,岸田文雄外務大臣は,先方の求めに応じ,セシリア・マルムストローム欧州委員(貿易担当)(Ms. Cecilia Malmstrom, European Commissioner for Trade)と電話会談を実施し,日EU経済連携協定(EPA)交渉について議論したところ,概要は以下のとおりです。

    1 マルムストローム欧州委員から,このままでは交渉が年明けにずれこまざるを得ないが,来年は欧州主要国で選挙があり,その前に交渉をまとめる必要があると述べつつ,残された課題を解決するため,来月早々にも交渉を開催し,可能な限り早期の大枠合意を実現したいとの発言がありました。

    2 これに対し,岸田大臣からは,大枠合意が年明けにずれこむことは残念であるが,残された課題に集中し,互いのセンシティビティに配慮しつつ,できるだけ早期に大枠合意を実現すべく双方が努力すべきと述べました。

    3 その上で,マルムストローム欧州委員との間で,交渉のモメンタムを失わないよう,来月速やかに交渉を開催することで一致しました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る