報道発表

チュニジア国民対話カルテット団体代表による山田外務大臣政務官表敬

平成28年7月22日

英語版 (English)

  • チュニジア国民対話カルテット団体代表による山田外務大臣政務官表敬1
  • チュニジア国民対話カルテット団体代表による山田外務大臣政務官表敬2
  1.  本22日,山田美樹外務大臣政務官は,チュニジア国民対話カルテット(2015年ノーベル平和賞受賞団体)団体代表の表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。

    1 冒頭,山田政務官は,訪日を歓迎するとともに,2015年の「チュニジア国民対話カルテット」のノーベル平和賞受賞に祝意を表し,同受賞がチュニジアのさらなる民主化・安定化の後押しとなることを期待する旨述べました。

    2 これに対して,ウィデド・ブシャマウイ・チュニジア工業・商業・手工業連合会長(Ms. Wided Bouchamaoui, President of Tunisian Confederation of Industry, Trade and Handicrafts)が「チュニジア国民対話カルテット」を代表して,民主化プロセスは成功したがさらなる改善が必要である,日本の経験に学びたい旨述べました。

    (参考)チュニジア国民対話カルテット
     チュニジア国内の主要団体((1)労働総連盟(UGTT),(2)工業・商業・手工業連合会(UTICA),(3)全国弁護士協会(ONAT),(4)人権擁護連盟(LTDH))の総称であり,同団体は,チュニジアの革命後の政治プロセスの推進のため,国民対話を推進する等,主要な役割を果たした。同役割が評価され,2015年にノーベル平和賞を受賞。


関連リンク

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る